アメリカの音楽フェス行ったら、ワンオクの人と写真撮り放題だった件

いや~・・・今考えるとなかなか貴重な機会だったな、と。

 

もう2,3年前の話になりますが、アメリカにいた時に、カリフォルニア州のポモナという田舎町(といってもカリフォルニア第5の都市らしい)で音楽フェスがあるから一緒に観に行かないか?と友人に誘われたことがありました。

ちょうど私が住んでいた町から車で45分くらいの場所だったのですが、正直そこまで興味が無かったのでちょっと行くかどうか迷っていたのです。

するとその友人が一言「日本のロックバンドも出るよ。ONE OK ROCKっていうすげぇクールなバンドなんだぜ!」とか言い出したのです。

その当時すでにワンオクロックは日本でも超有名だったのでもちろん知っていました。

おー知っているバンドが出るのか、よし行こうかな!というかるーい気持ちでフェスに参加してみたわけです。

 

そのフェスが思ったよりもアツいフェスでして、終わった後に「いや~行ってよかった!」と思ったのは言うまでもありません。

参加していたバンドの全てが素晴らしかったのも勿論ですが、何よりバンドとの距離が近かった。

 

ワンオクも例外ではありません。

それどころか写真撮り放題だったのです。

私のような正直そこまでワンオクに興味のない普通の人間ですら間近でライブ写真を撮って握手して、全員のサインを貰えて、さらに一緒に写真に写ってくれるという、大ファンであれば鼻血もんのサービスまでしてくれてすごーく嬉しかったことをよく覚えています。

 

 

 

 

 

どんなフェスよ?

10497186_638209776270635_3152412427267629411_o

Vans Warped Tour ってやつです。

 

これはおそらくある程度の洋楽好きやフェス好き、またはアメリカ在住の人だったら知っている人が多いと思います。有名(らしい)です。

毎年6~8月にかけてアメリカでやっている、パンクロック中心の音楽フェス。

スポンサーはVans(スニーカーのやつ)ですね。

 

幸いにも、自分が住んでいた場所からかなり近距離でそのワープドツアーが開催されたので、観に行くことと相成ったのです。

私が観に行ったときには、ある程度有名どころだとYELLOWCARDとかWE ARE THE IN CROWDとかBORN OF OSIRISあたりが出ていました。

全部で100組近く出たんじゃないかな?

とにかくどのバンドもパワフルですさまじかったのをよく覚えています。

上の写真はWE THE KINGS。全然知らんかったのですが、このフェスに行ってすっかり魅了されてしまいました。

 

 

 

 

 

で、ワンオクはどうだった?

10466983_638209639603982_3198841610133547397_o

いや~、そりゃもう素晴らしかったですよ。

まじでかっこよかった。

曲は正直この時点では全然詳しくなかったんだけど、とりあえずめちゃくちゃカッコイイってことだけは、よーくわかった。

 

もうね、かなりの近距離で、写真をたーくさん撮らせていただきました。

10348922_638209566270656_4608866094651630829_o 1973726_638209676270645_4374759795207761246_o img_0639

すごい熱量でした。

アメリカのライブって基本的に写真撮り放題なのがいいよね。堅苦しくなくて。

 

で、ライブ終了後、ステージ裏からボーカルのTakaが出てきたので、つい勢いで、「写真撮りましょう!」と。

いや普通迷惑でしょ。モラルがありませんよこの行動。(笑)

ただ、やはりタカを見たからといってハイエナのように群がる人がいないのも、アメリカのいいところ。

セルフィーで一緒に写真撮っちゃった。

10498463_633882316703381_6377003211495125048_o

どうもすいません、ファンじゃないのにいや、ファンになりましたこのライブを見てからね!(現金)

 

 

 

その後物販にて。

図々しくも、カメラを構えて写真を撮らせていただきました。

10449939_638208582937421_1124989848348118095_n

 

 

おまけに肩まで組んでいただいて・・・。

10448580_638209772937302_7722601011817013098_o

 

 

そして全員分のサインまで貰っちゃって・・・言葉にならねぇっす。

10262123_633955096696103_7828144498294446746_n

 

 

 

今冷静になって考えると、あきれるくらい貴重な経験だったと思います。

ワンオク好きの皆さま本当にごめんなさい。これからはしっかりと彼らを応援していきたいと思います!

 

 

ありがとうONE OK ROCK!!

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

アメリカの長距離バス「グレイハウンド」に気をつけて!

“世界一暑い場所”デスバレー国立公園で全力疾走した結果…

“砂漠の芸術” サルベーションマウンテンの行き方は?

ニューヨーク・タイムズスクエアの年越しカウントダウン! 2017-2018年はど...

アメリカ西海岸おすすめ観光地ランキング ベスト5!

シアトル旅行記(航空博物館,地下都市,ガラス美術館など)