海外でインターネット(Wi-Fi)を使いたかったらまずスタバを探せ!

スマホやタブレットがすっかり普及してしまった昨今、海外旅行に行ったら、とにもかくにもインターネット環境Wi-Fi)が不可欠です。

 

本には載っていない情報を調べる時や、誰かと連絡を取る時、SNSやブログを更新する時、さらには暇つぶしまで、用途は様々。

ワイファイなんて一切必要ない!!という人は、今の時代、そう多くはないのではないでしょうか。

 

海外旅行に行く時にはポケットWi-Fi持って行ったほうがいいの?なんて疑問に思う方もいらっしゃるでしょう。

結論から言えば、よほどの長期滞在や途上国でない限りは必要ありません。

 

無料でインターネットを使える場所はいくらでもあります。

 

私が世界一周をした時は、本当に色々な場所でWi-Fiを利用する機会がありました。

海外は、たいていどこの国でも空港や駅、ホテルやゲストハウス、レストランやカフェなど、さまざまな場所にフリーのWi-Fi環境が整っています。

 

そして私が世界中を旅して、一番利用回数が多かったのが、タイトルにあるようにスターバックスのWi-Fiだったのです。

スタバは最強です。

実体験に基づくお話ですので間違いありません。

 

とはいえこの結論一つでこの記事を終わらせてしまうのはあまりにも強引なので、もう少し具体的に、海外のWi-Fi事情について語っていくことにします。

 

 

 

 

 

各国のWi-Fi事情

まず、私が行った旅行先は、現時点でアメリカ・カナダ・イングランド・スペイン・イタリア(兼バチカン)・フランス・ドイツ・ベルギー・ポルトガル・トルコ・ベトナム・タイ・カンボジア・シンガポール・台湾・ペルー・ボリビアの18ヶ国です。

私が行った数少ない国だけではありますが、それぞれの国のWi-Fiとその利便性について簡単に記していきます。

 

まず、上記の国々ですと、私が泊まった宿(ホテル・ユースホステル・モーテル・ゲストハウス・airbnb)において、Wi-Fiが無い宿は存在しませんでした

カンボジアにも、ボリビアにも、Wi-Fiはあります。

アフリカや中東は行ったことがないのでわかりませんが、たとえ発展途上国であっても、基本的に「観光地」とされる場所にはインターネット環境は揃っているので大きな問題はありません。

 

ただし、やはり途上国だと電波が弱いです。

特にボリビアはあまりよくなかった記憶がありますね。首都ラパスはそこそこだったのですが、ウユニの町の宿は、ほとんどインターネットが繋がりませんでした。

そういう場所だと基本的に世界的なチェーン店(マクドナルドとか)も無いので、絶対的なWi-Fiスポットというものが存在しません。

 

逆に言えば、その町に世界的なチェーン店さえあれば、Wi-Fiスポットは確保できたようなもの。

世界的なチェーンといえばマクドナルドやセブンイレブン、スターバックスなどたくさんありますが、タイトルの通り、私はスタバをごり押ししております。

その理由を、次の項目で一言で説明いたしましょう。

 

 

 

 

Wi-Fi環境においてスタバが最強な理由

私がスタバ最強と言い切る理由…

それは、スタバがあって、Wi-Fiが使えないところは無かったからです。

 

たとえば空港・駅によってはWi-Fi利用料が有料のところが多いですし、マクドナルドとかも意外とワイファイ無いよっ!なんてことが結構ありました。

でも、スタバは大丈夫でした。

理由はそれだけです!笑

お店によってはパスワードが必要なこともありますが、それもレシートに書いてあったり、店員さんが教えてくれたりするので問題はありません。

 

 

つまり!

スタバがある国=Wi-Fi環境が整っているということです(強引)

 

こちら、スタバがある国を地図で示したもの。(ウィキペディアより)

Starbucks_Map.svg

んーなるほど。これを見ると、やはりアフリカ・中東あたりはまだまだWi-Fi環境が微妙と言えるのかもしれませんね。(強引)

 

 

 

 

おわりに

要するに言いたかったのは、海外でインターネットを使いたかったらとりあえずスタバを探そう!ってことです。

 

もし近くに無かったら、チェーン店を探しましょう。

バーガーキングでも、ダンキンドーナツでも、何でも構いません。

 

それでもダメだったら公共施設です。

駅や空港など、大きいところほどWi-Fiがある可能性が高いです。

 

そして最終手段が宿になります。

まともな宿だったらまず間違いなくWi-Fiはあるので、どうしてもインターネットが必要なら駆け込みましょう!

 

 

以上です!

ずいぶん投げやりな文章になってしまいましたが、これが事実と本音です!

読んでくれてありがとうございました。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ミュンヘンのビアホール「ホフブロイハウス」に男一人で行ってみた。

海外旅行の時にやたらと使う英語フレーズ集

ベトナム・メコン川クルーズ体験記!やっぱり現地ツアーが一番楽かも

バチカン美術館の場所と行き方と予約の必要性について。

レイルヨーロッパは手数料が高い?ヨーロッパの鉄道予約は自己手配がオススメ!

世界遺産「サグラダ・ファミリア」に行きたくなる画像 30選!