これぞトラベルギター!マーチンの「バックパッカー」を持って旅してみた。

旅行先で音楽を奏でたい方、あるいは小さくて軽くて音が良いギターをお探しの方朗報でございます。

素晴らしいギターがあるのです。

 

それがこいつ。

Classical-Backpacker-Guitar_x

MartinBackpackerという小さいアコースティックギターです。

アコギといえばマーチンマーチンといえばアコギなわけですが、こいつは相当優秀でして、その名に恥じぬクオリティを持っております。

 

というわけで今回は、このギターについて、端的にまとめていくことにしましょう。

 

 

 

 

 

普通のミニギターとの違い

かつて私はヤマハJR2-NTというギターを使用していた経験があります。

YAMAHA_JR2NT

いわゆるミニギターというやつですが、これは普通のアコギをそのまま小さくした感じ。

たしかにコンパクトで軽量で使い勝手もよく、いろいろな場所へ持ち出すのに非常に便利なのですが、たとえば旅行先で…となると、ちょいと荷物になってしまう感じでした。

 

しかし、マーチンのバックパッカーの場合は、普通のミニギターよりもさらに軽くボディもスリムで薄く、おまけに音も良いのです。

ボディの形から考えると、ミニギターの方が良い響きになるんでないの…?とお考えの方もいるかもしれませんが、そんなことはございません。

 

まず音の響きという点ではさして変わりはありません。

というかそもそもこの小さなサイズでは響きなんて無いに等しいです。(笑)

でも、さすがマーチン、こんなにスリムなボディでも、音が素晴らしいのです。

 

どんなに文章で書いても伝わるはずがないので、一つだけYoutubeで見つけたおすすめの動画を載せます。

う・・・上手い!

じゃなくて、音が良い!!ですよね。これ生音です。

 

実際に楽器屋へ行って手に取ってみればわかると思いますが、素材の肌触りとかも結構いい感じでおすすめですよ!

 

 

 

 

 

マーチンのバックパッカーを持って世界一周してみた。

当ブログではしつこいくらいに書いてきたのですが、私、世界一周したことがあります。

 

その時に、旅先でギターを弾きたい!中二病みたいなエキセントリックな発想が生まれ、ネットでレビューを調べ、バックパッカーを購入し、持っていくことにしたのです。

 

したがって旅の荷物はバックパック・バックパッカー・ショルダーバッグの3つとなりました。

IMG_0881

こうしてみると、「あれ?意外とギターでかいじゃん」と思われるかもしれませんが、いやいやいや、決してそんなことはございません。

ギターという楽器の構造上、長さがあるのは仕方のないことですが、横の幅が短く、そしてなんといっても薄い軽いのです。

 

そしてこのギター、機内持ち込みが可能です。

ANA、ユナイテッド航空、ルフトハンザ、デルタ航空、ターキッシュエアライン、ベトナム航空、シンガポール航空、すべて大丈夫でした。

たぶんほとんどの飛行機で機内持ち込み可能なはずです。ヨーロッパのLCC・イージージェットでも出来ました。

 

 

 

このマーチン・バックパッカーと共に世界中を旅して

 

たとえばアメリカグランドキャニオンでギターを弾いたり

IMG_6207

 

 

 

ボリビアウユニ塩湖でフォークソングを奏でたり・・・。

10872288_396404547201984_2039304576_n

 

とにかく世界中で、色々なシチュエーションで、ギターを奏でることができました。

 

正直、旅行中に邪魔だなと思うことが40回くらいありましたが(笑)

それも覚悟の上で持参したので、問題なし。

 

 

 

とにかく、もしこれから国内・海外問わず旅行へ行こうとしている方で、なおかつ楽器を持っていこうかな?なんて考えている方

あるいは、ちょっとしたパーティや催し物で楽器が必要になる方

割と様々な用途で使えると思います。

 

ちなみに日本で購入するのであれば、サウンドハウスが一番安いはずです。僕も実際サウンドハウスで買いました。

マーチンのバックパッカー。おすすめですぜ!

 

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

留学中の荷物や家具の保管はどうする?→トランクルームに預けよう!