世界遺産「サグラダ・ファミリア」に行きたくなる画像 30選!

前回、ポルトガルの首都「リスボン」を観光したくなる写真・30選!という記事を書かせていただきましたが、今回はそのお隣の国、スペインバルセロナにあります未完の大聖堂『サグラダ・ファミリア』の写真を載せていきたいと思います。

ガウディ没後100年にあたる2026年に完成予定のサグラダファミリア。

もしスペインへ旅行に行く予定があれば、必ず訪れてほしい場所の一つです。

 

今回の記事では、まずはじめに行き方やチケット(入場券)の買い方、楽しみ方などを簡単に説明したあと、私自身が実際に足を運んで撮ってきた写真を、惜しみなく掲載させていただきます。

きっと「行ってみたい!」と思う(はず)でしょう。

 

 

 

 

 

サグラダ・ファミリアへの行き方と予約方法

サグラダファミリアへの行き方は実にシンプル。

バルセロナに着いたら、Sagrada Familiaという地下鉄の駅を目指してください。

路線図を見て、紫色の線(L2)を辿れば見つかると思います。

そして、サグラダファミリア駅についたら、エスカレーター(階段)を登れば、見つかります。

行き方は以上です。超簡単。

 

参考までに、地下鉄駅から地上に出たときの動画を載せておきますね。

びっくりしますよ。地上へ出たら、いきなり大きくて美しい建造物が目の前にあるんですから。

 

 

次に入場の予約についてですが、これに関してはこちらのサイトを参考にしましょう。

予約方法についてかなり詳しく、また頻繁に更新しているため、常にほぼ最新の情報を入手することができます。

チケットの種類も、「入場のみ」「エレベーター付き」「オーディオガイド付き」など様々ですが…

個人的には、「入場のみ」のチケット予約だけで十分だと感じました。

というのも、エレベーターにのって上に行っても、感動するような景色は見られないからです。

 

バルセロナの街を一望できるという意味ではいいかもしれませんが、別にそこまで・・・という印象だったので。笑

 

ちなみに上から見た景色を写真は、こんな感じです↓

IMG_9022 IMG_9023 IMG_9022 IMG_9009 IMG_9005

これを見て「のぼりたい!」と思った人は、エレベーター付きのチケットを買うとよいでしょう。

下るときは螺旋状の階段で降りることになりますのでご注意を。

 

 

 

 

サグラダ・ファミリアの画像30選!

おまたせいたしました。私が一眼レフとGoProを駆使して撮影し、その中から厳選した30枚の写真を載せていきます。

サグラダ・ファミリアの魅力はその外観も勿論ですが、私個人としては内装に焦点を当ててみると良いと思います。

色と光のコントラストが本当に美しいです。

時間さえあればいつまでも見ていることができて、飽きることがありません。

 

では、どうぞ!

IMG_9099 IMG_9077 IMG_9072 IMG_9062 IMG_9057 IMG_9053 IMG_9091 IMG_9085 IMG_9090 GOPR8643 GOPR8648 GOPR8651 GOPR8658 GOPR8682 GOPR8685 GOPR8686 GOPR8698 GOPR8717 IMG_9082 IMG_8985 IMG_8990 IMG_8988 IMG_8996 IMG_8998 IMG_9000 IMG_9025 IMG_9026 IMG_9035 IMG_9096

 

 

 

 

 

 

おわりに

旅に出たとき、カメラを持っていると、たとえ些細な風景でも写真におさめたくなります。

このサグラダ・ファミリアへ行ったときも、もちろん例外ではありませんでした。

繊細で緻密な構造、そして色と光のコントラスト、聖歌の荘厳さ、すべてがマッチして本当に美しい場所だったのです。

本当に美しいものや景色を見たとき、当然撮る写真の量も一気に増えていきます。

今後も、私が今まで撮ってきた写真たちをどんどん載せていこうと思いますので、興味のある方は他の記事も読んでみてくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

トルコの一人旅は男女問わずあまりオススメしない理由。

フィンランド旅行記 (ヘルシンキ・ロヴァニエミ・サーリセルカ)

世界一周の持ち物(必要なもの・いらないもの・持っていって良かったもの)

海外でインターネット(Wi-Fi)を使いたかったらまずスタバを探せ!

アメリカ西海岸おすすめ観光地ランキング ベスト5!

ミュンヘンのビアホール「ホフブロイハウス」に男一人で行ってみた。