「世界一周航空券」を使って留学&世界一周旅行してみました。

私は大学生の頃、アメリカ・カリフォルニア州のとあるド田舎に留学した経験があります。

成田空港からロサンゼルス国際空港(LAX)まで、片道約10万円。

往復だと、15万円程度。

 

もうちょっとお得にならないかなぁ」と考えている矢先に、「世界一周航空券」なる存在を知りました。

 

世界一周航空券に詳しい知人に話を聞くと、「10カ国以上まわって50万円!」とか「有効期限は1年間!」とか、オイシイ話ばかり。

 

話を聞いているうちに、片道航空券で10万円かけるくらいなら、50万円払ってついでに世界一周したほうが断然オトクじゃないか!という考えに至ったので、「留学のついでに世界一周旅行」を計画し、実行することになったのです。

 

そこで今回は、世界一周航空券のメリット・デメリット世界一周航空券の購入の仕方費用はいくらだったのか、そして実際に世界一周航空券を使ってみた感想などについて、私自身の経験をもとに語っていくことにします。

 

 

 

世界一周航空券のメリット・デメリット

まず、そもそも世界一周航空券ってなんなの?っていう基本的なことについては、世界一周堂さんのホームページを読めばわかりやすいと思います。わからない人は参考にしてみてください。

世界一周航空券にはメリット・デメリットの両方があります。

メリットとしては、

 ・まともな航空会社しか無いので、サービス・安全性ともに優れていて安心。

 ・大手の航空会社ばかりなので、割とどこにでも行ける

 ・マイルが貯まる。

デメリットとしては

 ・日程をあらかじめ決めて、その通りに旅行をしなければならない。

 ・格安航空券(LCC)に比べると、高い。

 ・使える航空会社が限定されている。

他にもありますが、主要なのは大体こんなところでしょうか。

 

上記のような様々なメリット・デメリットを考慮に入れた上で、私は、スターアライアンスの世界一周航空券を利用することにしました。

その理由を3つ、挙げていきます。

①不安だから(世界一周航空券なら安心だから)

上にも書きましたが、あらかじめ旅程が決めてから旅行するので、「飛行機が取れないかも」という心配も無いし、航空券があれば出国&入国手続きの際の「いつまでいるの?」とかいう質問にも堂々と答えることができます。何より、すべてが大手の航空会社なので、安心感があります。

 

②アメリカで留学するから

冒頭にも書きましたね。「留学の、行きの飛行機代がもったいないな。」っていう発想から今回の計画は生まれました。世界一周航空券で日本からアメリカへ行き、そこで10ヶ月留学をして、残りの2ヶ月で、東周りで世界一周しながら日本へ帰国しよう、という計画です。世界一周航空券の有効期限は1年なので、その間に長期留学をしても、引き続き使うことができるのです。

 

③JAL(ワンワールド)よりANA(スターアライアンス)派だから

これは私の好みの問題です。もともとANAが好きで、マイルも貯めていたことがきっかけで、スターアライアンスを選びました。普段JALのマイルを貯めている人は、ワンワールドの世界一周航空券を利用すれば良いと思います。あとは、自分が行きたい国・地域によってアライアンスを選んでみてください。

 

スターアライアンスの世界一周航空券を選んだ理由は、以上の3点です。

「海外旅行にあまり慣れてなくて、正直、不安・・・。」という人や、「旅行後に予定があるから、あらかじめ日程を決めなきゃ・・・。」という人は、世界一周航空券を選んだ方が無難です。

逆に、海外旅行に慣れていて、比較的自由に時間を使える!という人は、一つ一つ自己手配で航空券を買ったほうが良いでしょう。

 

 

 

世界一周航空券の買い方・価格について

次に、スターアライアンスの航空券の買い方旅行計画の立て方費用について、まとめてみようと思います。

まず、スターアライアンスの世界一周ページに飛びます。すべてはここから始まります。

世界一周運賃による旅行を今すぐ予約、ってとこをクリックしましょう。

キャプチャ11

 

そうすると次にこんな画面が出てきます。

キャプチャ

居住国と搭乗クラスと人数を入力し、【新しい旅程を作成してください】をクリック。

 

すると縮尺可能な世界地図が出てきます。

キャプチャ2

ここからは、自由です。スタート地点をクリックして、あとは自由に旅行の順番を考えて、いろいろ試してみてください。

ちなみに私はこの作業が楽しくて、毎日のように違う旅程を組み立てては、妄想を膨らませていました。(笑)

 

私の例を挙げると、東京をスタートしてロサンゼルスへ。

キャプチャ3

クリックすると、右上に順番が出てきます。

都市の名前の横に車のマークと飛行機のマークがあるのがわかりますか?

車のマークをクリックすると、その区間は世界一周航空券を利用せずに、自力で移動しますよ!という意味になります。

私の例でいくと、ヨーロッパはLCCと鉄道を使って移動したので、その区間は車マークになります。

そうして完成した旅程が、下の画像です。

キャプチャ4

少しわかりづらいかもしれませんが、実際に操作してみるとわかると思います。

もちろん、車マークを入れたところの交通方法や交通費は別途自分で手配・負担することになりますが、自由度は格段にあがります。

 

世界地図での旅程入力作業が終わったら、右下にある【次へ】ボタンをクリック。

すると、この時点での大まかな見積もり金額が出てきます。

キャプチャ5

やはり、大体50万円程度になりましたね。

 

次に、【進む】をクリックすると、こういった画面が出てきます。

キャプチャ8

これが非常にめんどくさいです。この時点でフライトをすべて選ぶ必要があるからです。

 

キャプチャ7

こうやって、自分に都合の良い時間帯・航空会社のフライトを選択します。

どうしても希望の便が無い場合は、さきほどの画面に戻って車マークを押し、別のアライアンスの航空会社を自己手配するしかありません。

 

一つ一つ、地道に便を選択していきます。

キャプチャ9

 

ここから先は旅程の確認や個人情報、支払い情報などの入力になりますので割愛させていただきますが、手順としては、ざっくりこんな感じですね。

 

一通り入力を終えると、以下のようにPDFで旅程の確認が送られてきます。

キャプチャ10

上に書いてある予約番号さえ控えておけば、すべてのフライトを利用することができます。

あと必要なのはパスポートだけ。

ここまでくると、かなり便利ですよね。

 

ちなみにこのPDFが来た時点では、まだ予約は確定していません。

担当者から確認のメールが来て、メールに記載された電話番号に自分から電話をして、口頭で最終確認をして、支払い完了・取引成立となります。

非常に大きなお買い物ですから、当然といえば当然ですね。

 

長くなりましたが、以上がスターアライアンスの世界一周航空券の買い方になります。

また、世界一周全体でかかった費用についてですが、世界一周航空券が約55万円その他移動費(ヨーロッパ・アジアの細かい移動費など)が約15万円で、移動費・交通費だけで約70万円になりました。

そこからさらに宿泊費・食費・観光費などを合わせると、当然100万円は超えてしまいます。

世界一周航空券を使うと、格安旅行の実現は難しいです。よく考えてから、購入しましょう。

 

 

 

世界一周航空券を使ってみた感想

私個人としては、世界一周航空券を使って良かったと心底思っています。

真の旅人は「行く前から全て決めてしまうのはつまらない。」という発想になると思うのですが

私のような慎重で心配性の人間にとって、世界一周航空券というのは大変便利でありがたい存在です。

前述したように、機内のサービスや快適さ、移動の利便性においては、格安航空券の比ではありません。

また、マイルもちょっとだけ貯まります。

私の場合は、飛行機に11回乗って、25000マイル貯まりました。

これを多いと捉えるか少ないと捉えるかは人それぞれですが・・・。

世界一周すると、日本~東南アジアくらいなら無料で往復できるレベルのマイルが貯まる、と覚えておきましょう。

 

 

 

おわりに

今回は世界一周航空券について、大雑把ではありますが、私自身の経験を踏まえてまとめてみました。

ここまで読んだあなたは、きっと世界一周をするつもりか、あるいは少なくとも興味があるはず。

世界一周は、計画を立てる段階から既に楽しい(はず)です。

この記事のみならず、インターネットで世界一周について調べればいくらでも情報は出てきますので、もっともっと調べて情報収集して、自分なりに計画を立ててみてくださいね!

.

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

格安セールが鍵を握る!? 国内最強LCC“バニラエア”の評判は?

【穴場】ゴールデンウィーク海外おすすめ旅行先!【2018年版】

一人旅が不安な人へ。海外旅行の心得6カ条。

海外留学で「本当に必要なもの」9選!

南米にとにかく安く行く方法を考えてみる。

アメリカ西海岸おすすめ観光地ランキング ベスト5!