宿泊施設・ホテルの種類まとめ(国内・海外)

旅行をする時に最も重要な事項の一つが、宿泊先です。

しかし一口に宿といっても、本当に様々な形態がありますよね。

ホテルやユースホステル、モーテル、ゲストハウス、あるいは最近ではairbnbやカウチサーフィンのような民泊の新たな形態も台頭してきました。

宿のカタチの多様化のおかげで、旅行者にとって選択肢が増えるのは大変ありがたいことなんですが、その種類が多すぎて、一体何が何だかわからない!という人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、各宿泊施設の種類と特徴を、最適な人数・予算を考えながら、紹介していくことにします。

 

 

ホテル

IMG_0606

ビジネスホテル

サラリーマンの方には、すっかりお馴染みのビジネスホテル。

日本独特の宿泊形態で、大抵は主要駅の近辺に多いです。

相場は1泊8000円前後でしょうか。

地方都市の安いところだと、4000円くらいで泊まれるところもありますね。宿泊人数は、1~2人です。

 

 

シティホテル

お金に余裕のある人であれば、シティホテルが一番快適に過ごせるかもしれません。

ビジネスホテルは比較的質素で安価なのに対し、シティホテルは設備も充実しており、高級な所が多いです。

相場は1泊1万~数万円と、ピンキリです。部屋はツインやファミリールーム、スイートルームなどがあります。

 

 

ラブホテル

こちらも、ビジネスホテルと同じく、日本独特の宿泊形態

カップルズホテルともいいます。

カップルで泊まる場合には、かなり安いので意外とおすすめです。

相場は、設備や立地によりますが6000円~7000円(一人あたり3000円程度)が一般的です。

 

 

リゾートホテル

その名のとおり、リゾート地にあるホテルです。

立地が違うだけで、あとはシティホテルとほぼ同じと考えていただければ問題ありません。

リゾート地で極楽気分を味わいたいのであれば、その地のリゾートホテルに泊まるのが最善の選択といえるでしょう。

 

 

カプセルホテル

ホテルというよりは、簡易宿泊所という分類に当たります。

私は一度だけ大阪のカプセル・インに宿泊したのですが、正直、綺麗好きな方や神経質な方にはオススメできません。

個人的な感想ですが小汚く、物音が気になり、狭く、息苦しいという印象を受けました(笑)

とりあえず横になってゆっくり出来ればそれでいいという方には、自信を持ってオススメできます。

相場は、3000~5000円程度といったところでしょうか。

 

 

 

モーテル

Knights-Inn-San-Bernardino-photos-Exterior-Hotel-information

外国(特にアメリカ)では、このモーテルにお世話になる機会が多いです。

ホテルとは違い、屋内廊下やロビーが無く、アパートのように部屋(客室)が連なっています。

安いところだと3000円くらいで泊まれることがあります。

海外では上記のビジネスホテルやカプセルホテルといった日本独特のホテルは無く、その代わりにモーテルが数多くあります。

シングル・ツイン・ダブルなど部屋の種類も豊富なので、とてもおすすめです!

 

 

 

ゲストハウス

とにかく安く済ませたい、なおかつ、多くの人と交流するのが苦にならない、という方は、ゲストハウスやB&B、民宿をおすすめします。

トイレやお風呂などは共有で、部屋は個室というパターンが多いです。

もちろんアメニティなどは用意されていません。

最低限のプライバシーを確保したいという方には、良いかもしれません。

 

 

 

ホステル(ユースホステル)

無題

主にドミトリー、つまり複数人で共同の部屋で寝ることになります。

先述したゲストハウスにも、このような形態があるのですが、正直、はっきりとした違いはわかりません。(笑)

ホステル・ユースホステルは世界中に点在し、安価で立地も良く、旅人が集まることが多いです。

それゆえ様々なコミュニケーションが生まれ、旅人の社交の場としても機能していることが多いです。

料金は、安ければ1000円台から泊まれる場所もあります。

個人的に、一人旅で国内・海外を旅する人はぜひホステルに泊まってみることをおすすめします。

世界中に友達を作るチャンス!

 

 

 

コテージ・バンガロー・ヒュッテ

june01_m16

海や山、あるいは北欧など田舎へ行くと、ぐっと増える選択肢がこの3つ。

人数は2人程度から、10人以上泊まれるものまで、様々です。

泊まる建物と、寝具と、最低限の水回りが保障されているだけなので、当然ながら食事は自分たちで用意する必要があります。

 

 

 

新しい宿泊スタイル(airbnb,カウチサーフィン)

Airbnb_Logo_Bélo_svg

インターネットの時代になり、数十年が経ちました。

最近ではそのインターネットを利用した便利な宿泊スタイルが台頭し始め、徐々に人気を集め、世界中に拡大しています。

その代表ともいえるのが、airbnbカウチサーフィンでしょう。

airbnbに関しては、その体験談を当ブログでも書きましたのでそちらを参考にしてみてください。

 

airbnb(エアビーアンドビー)とは? airbnbとは、要するにアパートの空き部屋や家の一室、あるいは別荘なんかを宿として提供するシステム...

 

 

カウチサーフィンは、サイトを通して、全く見ず知らずの人の家・部屋に、無料で泊めてもらえるという画期的なサービスです。

とはいえ「タダより怖いものは無い」と疑ってかかる者も多く、実際に性犯罪に巻き込まれるケースも少なからずあるようなので、利用する場合はしっかりと情報を集め、自己責任で行動する必要がありますね。

 

 

 

野宿・車中泊

お金が無い!まじでやばい!と思った時は、これです。これしかありません。

ただし海外でやる時は、本当にどうしようも無い時に限ります。

当然疲れも取れませんし、危険も伴いますのでご注意を。

また、国内旅行だと漫画喫茶(ネットカフェ)で夜を明かすという手段もありますね。

 

 

 

おわりに

いかがでしたか?

今回は多すぎる宿泊施設を、非常に簡単ではありますが、まとめてみました。

もちろんここに書いてある以外にもまだまだたくさんありますが、一応、代表的なものはこれくらいかと思われます。

泊まる場所は、泊まる人数や予算、国や地域、自分の性格に合わせて、その都度考えていく必要があります。

この記事がこれから旅行へ行く人にとって、少しでも役に立つものになっていただければ嬉しいです。

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

「airbnbって安全なの?」「トラブルは大丈夫?」→ 実際に利用してみました。

ブッキングドットコムって評判は良いの?悪いの?