世界一周で行ってよかった国・イベント・観光地ランキング!

こんにちは。

今回は、約2ヶ月間の世界一周経験がある管理人が、「行ってよかった!!」と素直に思った場所やイベント(15箇所)を、ランキング形式にしてみました。

 

ちなみに私が行ったのは、アメリカ、カナダ、ボリビア、ペルー、ポルトガル、スペイン、フランス、イギリス、ドイツ、ベルギー、イタリア、バチカン、トルコ、ベトナム、カンボジア、タイ、シンガポール、台湾18カ国です。

 

対象とするのは、私が世界一周で実際に足を運んだ特定の場所・イベント・通り・都市・建築物・世界遺産・自然などなどおよそ全てのものを対象とします。

順位付けの基準としては、“いかに感動したか”に重点を置いています。

あとは、“楽しさ・面白さ・美しさ・希少性・意外性”などを加味しながら選定しました。

 

 

※これは完全に個人の感想であり、絶対的なものではありません。実際に行ったことがある人は、このランキングに疑問を抱く人もいるかと思いますが、個々の感性の違いということでご了承いただけると幸いです。

 

 

それではご覧ください!

 

 

 

 

 

第15位 九份 (台湾)

IMG_0833

世界一周の最後に行った場所です。

人が多く、完全に観光地化されていたのが少し残念ですが、ひとたび喫茶店に足を運べばそこでは驚くくらいゆったりとした時間が流れます。

旅の最後にこの場所を選んで良かった。余韻に浸るには充分すぎる、とても素敵な場所でした。

 

 

 

 

 

 

第14位 システィーナ礼拝堂 (バチカン)

※礼拝堂内は撮影禁止のため、写真無し。

いや~凄かった。芸術の知識なんて全然無いけど、あれには、圧倒されました。

音声ガイドの解説のおかげで知識を深めながら見ることができたのは幸いだったけれど、たとえそれがなくても、充分に満足出来るでしょう。

礼拝堂全体に広がる渾身の絵画、厳粛で唯一無二の存在感と圧迫感を放つミケランジェロの大作『最後の審判』・・・。

見れて良かったです。撮影禁止だからこそ、しっかりと目に焼き付けることができた気がします。

 

 

 

 

 

 

第13位 カオサンロード (タイ・バンコク)

IMG_0475

カオサンロードというか、カオスロードですね。毎日がお祭りみたいな感じ。

すごく短い通りなのに、歩いていて全く退屈しませんでした。

バックパッカーの聖地という別名にふさわしく、ありとあらゆるお店が混在していて、旅人にとってはワクワクする場所です。

ただし夜中になればなるほど騒がしくなるので、周辺に泊まるときは要注意!

 

 

 

 

 

 

第12位 サグラダ・ファミリア (スペイン・バルセロナ)

GOPR8695 GOPR8686

数多くの聖堂・教会へ足を運びましたが、後にも先にも、開いた口が塞がらなかったのはここだけです。

驚くくらい精巧なつくり。外観の迫力に勝るとも劣らない内部の美しさ。ステンドグラスの神々しい彩りと響き渡る聖歌にもすっかり魅了されてしまいました。

きっと1日中ぼーっと座っているだけでも飽きないと思いますよ!ちなみにエレベーターは別に登らなくても問題無いかと思います。

前回、ポルトガルの首都「リスボン」を観光したくなる写真・30選!という記事を書かせていただきましたが、今回はそのお隣の国、スペインはバルセロナに...

 

 

 

 

 

 

第11位 ブロードウェイのミュージカル (アメリカ・NY)

IMG_8575

ミュージカルの本場・ブロードウェイ

会場はNY市内にいくつもあり、会場は意外と小さくこじんまりしていました。

観たのはマンマ・ミーアでしたが、時間とお金が許すならば全部観てみたい!と思えるほど感動しました。

英語が理解できなくても、きっと雰囲気だけで十分に楽しめると思います。

 

 

 

 

 

 

第10位 ナイアガラの滝 (カナダ)

GOPR8252

まさしく圧倒的大自然。ゾッとするほど激しい流れ。その水量と音量には感服してしまいました。

滝の裏側や、すぐ近くまで行って水しぶきを感じられたことも貴重な経験です。

ナイアガラだけではなく、イグアスやビクトリアの滝にも是非行ってみたいと思うようになりました。

しかし、本当にすごい迫力だった・・・!!

 

 

 

 

 

 

第9位 水の都 ヴェネツィア (イタリア)

GOPR9380

長かったヨーロッパ移動の旅で、このヴェネツィアだけが“異色”だったように感じます。

道は道路ではなく水路、乗り物は車ではなく舟。静寂に包まれた美しい街。迷路のような入り組んだ構造にも、実は散々悩まされました。 

観光地ということで食べ物は高い割に不味かったけど、そこに目をつぶれば、こんなに素敵な街は無いのではないでしょうか。

すっかり気に入ってしまいました。また行ってみたい!!

 

 

 

 

 

 

第8位 ホーチミン・シティ (ベトナム)

IMG_0017

今回行った場所の中で、活気ある街No.1です。

うかうかしているとバイクの波に飲まれてしまいそうなくらい激しい交通量。

真冬の寒いヨーロッパから一変してこのクソ暑い混沌の都市へ移動したことも、僕を困惑させた原因のひとつでしょう。

発展途上国でありながらネガティブな印象は一切無い、なんとも不思議でエネルギッシュな場所でした。

ホーチミンはかなり面白いのでオススメ!!

 

 

 

 

 

 

第7位 グラン=プラス (ベルギー・ブリュッセル)

GOPR9185

グラン=プラス。もちろん世界遺産です。「世界一美しい広場」とも言われています。

雨上がりの夜8時、あてもなくブリュッセル市内の狭く複雑な路地をさまよい歩いていると、ふと辿り着いたのがこの場所でした。

適当に歩いているといきなり目の前に現れたことと、自分自身に何の予備知識も無かったため、なんだこの美しい場所は!!!と、かなり衝撃を受けたことを覚えています。

雨上がりで灯りが反射していて、より一層美しかった。

旅ならではの偶然意外性のため、自分の中で大きく印象に残っているので第7位とさせていただきました。

 

 

 

 

 

 

第5位 マチュ・ピチュ (ペルー)

IMG_7348

ペルーと言えば!という観光のド定番、失われたインカの空中都市マチュピチュ。

もちろんマチュピチュ遺跡それ自体も素晴らしいのですが、僕は敢えて“マチュピチュまでの道のり”に焦点を当てたい。

車窓からの眺めや、アグアスカリエンテス(マチュピチュ村)も風情があってとても良かった。

もしこれから行く人がいるのなら、そういうところも含めて、お勧めいたします!

 

※マチュピチュに関する詳細は、本ブログのマチュピチュ旅行記をご覧下さい!

2016年初頭の話になりますが、空中都市と称される世界遺産マチュ・ピチュへ行ってきました。 日本から行く場合は、 成田→リマ...

 

 

 

 

 

 

第4位 世界遺産の街 クスコ (ペルー)

IMG_7185

世界一周の旅で一番最初に訪れた場所。右も左もわからない、言葉も文化もろくに理解していない状況で行きました。

すべてが新鮮でした。そして、色々な人に会いました。

アルマス広場で子供を背負いながら絵を売りに来たおばさんも、宿のおじちゃんも、そこで出会った旅人たちも、みんな優しくて、あたたかくて、僕にとっては忘れられない街です。

坂道が多い&標高が高い&バックパックが重すぎて、息切れしながら宿を探したのも、今となってはいい思い出!

 

 

 

 

 

 

第3位 アンコール遺跡 (カンボジア)

IMG_0287 IMG_0336

どうしたって上位に食い込んできちゃいますよね、アンコールは!

僕はもともとこういう遺跡系にはあまり興味が無いほうなのですが、ここにはね、好奇心をそそる“何か”がありました。

そこまで遠い国ではありません。是非足を運んでみてください。朝日も夕陽も、本当に美しかった。

欠点があるとすれば、暑くて虫も人も多いことですかね。ご注意を!

 

世界遺産『アンコール遺跡群』(アンコールワット・アンコールトムなど)へ行きたい!という方は非常に多いと思います。 HISやJTB、...

 

 

 

 

 

 

第3位 タイムズスクエアの年越しカウントダウン (アメリカ・NY)

G0178474 IMG_8719

いやー・・・すげぇよニューヨーク!やることが派手です。アメリカの本気を見た気がします。

世界一の年越しイベントに、あんな絶好の位置で参加できるとは。

オムツをつけたり、ホッカイロを大量に身につけたり、警察の目を盗んで柵を飛び越えたり、いろいろ大変だったけど、ものすごく楽しかった。

特別な瞬間をこの場所で過ごせて大満足です。もう二度と行きたくないけど。

 

※タイムズスクエア・カウントダウンに関する情報は以下の記事を参考にしてみてください。

アメリカ・ニューヨークシティのタイムズスクエアで毎年行われる、年越しカウントダウン。 世界で一番盛り上がる年越しイベントの一つとして有名で...

 

 

 

 

 

 

第2位 リスボンの街並み (ポルトガル)

IMG_8821 IMG_8881 IMG_8835

寛容の都市・リスボン。まるでファンタジーかRPGの世界に入り込んだかのようでした。

街並みは、思わずため息が出てしまうくらい美しく、ごはんも美味しい、人も親切であたたかい。ファドの音色も物悲しくてたまらない。

なんで、みんなリスボンに行かないの?って疑問に思ってしまうくらいです。

人生初のヨーロッパ、人生初のユーラシア大陸でしたが、ここを選んで本当に良かった。

次は北部のポルトにも足を運んでみたいです。

 

2015年1月1日、私は世界一周の過程で、ポルトガルの首都・リスボンへ立ち寄りました。 旅行をしておいて「立ち寄った」という表現もどうかと...

 

 

 

 

 

 

第1位 ウユニ塩湖 (ボリビア)

IMG_8041 6 IMG_8235 G0078144

ご想像の通り、こいつが1位ですよ。

・・・なんとかね、なんとかしてウユニ塩湖の1位を阻止したかった!

だって、予想通り過ぎてつまらないもんね。

でも、無理でした。

私が56日間の旅で行った場所の中では、このウユニ塩湖だけ次元が違いました。

どこまでも続く真っ白な大地、突如現れるサボテン島、列車の墓場、生き生きと歩く動物たち、そして太陽の傾きひとつで表情を変える美しい鏡張り・・・!

「すごい」の一言で片付く場所ではありません。感動が止まりませんでした。

いつかまた、絶対に行ってみたいです。もう心に決めています。

今度は雨季のど真ん中に、もっとゆっくり時間をかけて行きたいな。

そんなこんなで栄えある(?)1位でした。ウユニ塩湖おそるべし!

 

 

※ウユニ塩湖に行くために必要な日数や予算を知りたい方は以下の記事を参考にしてみてください。

この地球上には絶景と呼ばれるものが数多くありますし、この情報化された現代においても、未だに私たちの知らない美しい景色というものはきっとた...

 

 

 

 

おわりに

私が世界一周で特に印象に残った場所をまとめると、こんな感じです。

 

もちろん、ランキングに入らなかった場所でも心惹かれるような素敵な場所やイベントが、数え切れないほどありました。

 

これから旅行に行かれる方や、海外旅行・世界一周に興味のある方は、是非参考にしてみてくださいね!

 この記事へのコメント

  1. 江間 慶一 より:

    管理者様

    ブログを拝見して初めてメールを致します。
    私は海外レンタカー一括検索サイト「レンティングカーズ」を運営しております(株)アクセスの江間と申します。御ブログからしばしば読者の方が弊社のページを訪問されていらっしゃるのをグーグル解析で確認させていただいております。弊社では成果報酬型のアフィリエイト提携を展開しており、もしよろしければ提携をお願い出来ないかと思いメールを致しました。もしご興味がございましたら返信をいただけますと幸甚です。
    https://www.rentingcarz.com/ja/
    (株)アクセス
    江間

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

アンコールワットへの行き方とおすすめ現地ツアーまとめ。

留学・世界一周後に就活したら1か月で第一志望の内定を貰えた話。

レイルヨーロッパは手数料が高い?ヨーロッパの鉄道予約は自己手配がオススメ!

ベトナム・メコン川クルーズ体験記!やっぱり現地ツアーが一番楽かも

【予算別】卒業旅行(海外)おすすめランキング!【2017-2018年版】

世界遺産「サグラダ・ファミリア」に行きたくなる画像 30選!