世界一周旅行中に食べた “本当に美味しいもの” 8選!!

国内・海外問わず、旅行をする際に最も重要なのは、やはり美味しい食べ物ですよね。

おいしいものを食べることで、旅がより一層深く、味わいのあるものになります。

そこで今回は、私自身が実際に世界一周旅行をしてみて、心底「こりゃうまい!」と思ったもの8つを紹介いたします。

選定基準は、食べた時に「美味しい!!」と思ったかどうか。それだけです。

特に強い印象に残っている料理・飲み物・レストランを紹介いたします。

ちなみに先に具体的な都市を挙げていきますと、ニューヨーク(アメリカ)、ラパス(ボリビア)、イスタンブール(トルコ)、ローマ(イタリア)、バンコク(タイ)、ホーチミン(ベトナム)、ミュンヘン(ドイツ)、リスボン(ポルトガル)になります。

これらの都市へ行く予定のある方は、是非参考にしてみてくださいね!

 

 

 

1.トムヤムクン(タイ・バンコク)

IMG_0569

いわずと知れたタイを代表するスープです。

トムヤムクンといえば、「辛くて、酸っぱい」というのが常識ではありますが

サイアムのバーンクンメーというお店で食べたトムヤムクンは、濃厚でコクがあり、深い味わいの中にほんのりとした甘みがあって大変美味でした

もちろんトムヤムクン以外のタイ料理も絶品でした!おすすめです!

 

 

 

2.ハンバーガー(アメリカ・NY)

IMG_8482 (1024x683)

次は、シェイクシャックのハンバーガーです。

ニューヨークに数店舗あるシェイクシャック。当ブログでも紹介したことがありますね。

かなり並びますが、お肉のジューシー感が、とてつもなく美味しいのでぜひ食べて欲しい一品。

シェイクシャックに関しては、2015年11月に、東京・明治神宮外苑に日本第一号店がオープンしたので、日本でも味わえる機会が出来ましたね。

私自身、東京のシェイクシャックにはまだ行ったことが無いので、行き次第また記事を書こうと思います。

 

 

 

3.カルボナーラ(イタリア・ローマ)

IMG_0343

カルボナーラ発祥の地・ローマにあるラ・カルボナーラという小さなレストランで食べたカルボナーラは絶品です!

口に入れた瞬間にとろけるような甘みと旨みが広がります。今まで食べたカルボナーラの中で一番の味でした!

カルボナーラも勿論ですが、一緒に注文したサラダや、付け合わせのパンも素晴らしかった。

↓こちらがお店の外観

IMG_0340

ラ・カルボナーラはとても有名で、特に日本人に人気の店なので、お昼時や夕食時に行くときは予約したほうが無難でしょう。

 

 

 

4.中国茶(台湾・九份)

IMG_0777

台湾・九份(きゅうふん)にある九份茶房で飲んだ中国茶『梅山金萱茶』

花の香りのする、ジャスミン茶に近いお茶です。

IMG_0793

店内で飲めるだけでなく、様々な中国茶がお土産として売っているので、ぜひご賞味あれ!

 

 

 

5.タラとエビのリゾット(ポルトガル・リスボン)

IMG_8947

ポルトガルの首都・リスボンでは大西洋の味を満喫することができます。

お米を使った料理も多く、物価も比較的安いため、日本人好みの味が多いです。

私が行ったのは、リスボンの中心部・ロシオ駅のすぐ近くにあるCafe Beira Gareというお店。

タラがホロッと柔らかく、エビはプリップリ。もう一度食べてみたい!と思える一品でした。

 

 

 

6.ビールとソーセージ(ドイツ・ミュンヘン)

IMG_9739

ドイツで食べるビールとソーセージは本当に美味しいです。

なぜこんなに合うんでしょうかね。個人的には世界で一番美味しかった組み合わせです。

ソーセージも、ビールも、本当に色々な種類がありますが、どれを選んでも失敗はしません。

どのお店に入っても間違いなく美味しいものに巡り会えると思いますが、もしこれを読んでいるあなたがミュンヘンに行くのであれば、ぜひホフブロイハウスへ行ってみてください。

400年以上の歴史を誇るビアホールで、1リットルのビールを飲みましょう。

 

 

 

7.キョフテ(トルコ・イスタンブール)

IMG_0503

キョフテは、トルコ料理の一つで、簡単に言ってしまえばハンバーグのようなもの。

とはいえ、日本のそれとは全く違い、スパイスやハーブの風味が散りばめられ、ジューシーな肉がぎっしりと詰まっていて、“大人の味”という印象でした。

イスタンブール・スルタンアフメト地区にあるSultanahmet Koftecisiという大衆食堂のキョフテは有名です。

私自身、短時間の滞在期間で3回も行ってしまいました。クセになる味です。

ぜひ足を運んでみてください!

 

 

 

8.フォー(ベトナム・ホーチミン)

IMG_9925

最後は、ベトナムのホーチミンで食べた麺料理・フォー

スープは実にシンプルで、素材の味を生かした優しい味。

独特の風味を持つ香草やレモンの酸味、唐辛子の辛さを加え、自分好みの味に変化させていく過程も楽しいです。

残念ながら私が行ったお店の名前は忘れてしまったのでここには書けませんが、地元の人が通うローカルな食堂のようなところで食べました。

価格も驚くほど安く、一度食べるとやみつきになること間違いなしです!!

 

 

 

おわりに

いかがでしたか?

今回の記事では、私自身の主観で「旨い!」と思った料理を挙げていきました。

もちろん世界にはまだまだ美味しいものがたくさんありますし、上記の料理が絶対的に美味しいというわけではありませんが、これを読んだあなたが海外旅行に行く時に、少しでもこの記事を参考にしていただければ幸いです。

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

アメリカの長距離バス「グレイハウンド」に気をつけて!

フィンランド・サーリセルカでオーロラを観測できなかった理由

一人旅が不安な人へ。海外旅行の心得6カ条。

【年越し】年末年始おすすめ海外旅行先まとめ【お正月】

世界一周の持ち物(必要なもの・いらないもの・持っていって良かったもの)

海外でインターネット(Wi-Fi)を使いたかったらまずスタバを探せ!