ヨーロッパ旅行に格安で行く方法まとめ。安い時期はいつ?

海外旅行先で人気ナンバーワンの地域といえば、まず間違いなくヨーロッパが挙げられると思います。

ところが日本から行こうとすると、なかなかの距離があるということもあり、お値段がかなり高いのです。

航空券代だけでなく、現地でのホテル代や食事代・観光費・移動費など、物価の高さも考慮に入れると、旅費は相当高いものになってしまいます。

なんとかしてヨーロッパに安く行く方法は無いものか。ちょっと気になったので色々と調べてみました。

というわけでこの記事では、ヨーロッパに安い費用で行ける季節と、ヨーロッパへ安く行く方法を調べてまとめてみます。

私個人が調べた範疇なので、正確な情報とは言えないかもしれませんが、今後ヨーロッパへ行きたい・行く予定がある方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

 

 

ヨーロッパに安く行ける時期は「冬」

真冬のフィンランド・サンタクロース村

ズバリ結論から言うと、冬が安いです。

というのも、ヨーロッパは全体的に春先~秋頃までがベストシーズンと言われており、気候的にも過ごしやすくイベントも多いので、必然的に観光客数も増えてしまいます。

ものすごく単純な話ですが、格安で旅行するためにはその逆を突けばいいわけです。

具体的には、11月~12月中旬、1月中旬~2月が安いことが多いです。

一口にヨーロッパと言っても、東西南北様々な国がありますから、一概には言えませんが、全体的に冬が安い傾向にあります。

航空券代の月ごとの相場に関しては、海外航空券の相場チャートというサイトで調べてみました。気になる方はチェックしてみてください。

具体的に航空券がどのくらいの料金になるか、というのは、行き先やタイミングによって大きく異なるため、なんとも言えません。

スカイスキャナーなどを利用して行き先・行きたい日時を選択し、料金を調べてみてください。

私がクリスマスシーズンにフィンランドへ行った時は、往復7万円台という破格の安さだったことを覚えています。

 

ちなみに航空券を購入するタイミングは、3か月前くらいが一番安く済みます。

詳しくは以下の記事を読んでみてください。

飛行機を利用する旅行(主に海外旅行)において、一番気になるのが航空券の価格です。 果たして何か月前に買うのが一番安いのか?1か月前...

 

 

 

 

冬にヨーロッパへ行くデメリットは?

さて、ヨーロッパは冬に行けば格安で行ける可能性が高いですが、もちろんオフシーズンですから、いくつかのデメリットがあります。

まず一つ目のデメリットとしては寒いことが挙げられます。めちゃくちゃ寒いです。

私自身も、1月にヨーロッパ周遊をし、3週間でポルトガル・スペイン・フランス・イギリス・ベルギー・ドイツ・イタリアを渡り歩きましたが、どの国も寒くて辛かった記憶があります。

あとは、日が短いことですかね。日本の冬よりも日が短いです。

特にスペインのバルセロナは日の出が朝8時過ぎで、17時頃には暗くなっていました。

天気もなんとなーく悪い日が多いような気がします。特にイギリスはずっと雨でした。

「寒い」「日が短い」「どんよりしている」この3条件さえ我慢できれば、冬のヨーロッパも悪くないと思います。

 

それから、デメリットとは少し違いますが、クリスマスシーズンに行く場合も気をつけてください。

というのも、ヨーロッパはほとんどがキリスト教の国ですから、クリスマスイブやクリスマス当日、ならびにその週はお店・レストランが閉まっています。

私がフィンランドに行った時は、お店が全然空いてなくて結構焦りました。

ですから、クリスマスにヨーロッパ行く場合も、注意が必要です。

 

 

 

 

ヨーロッパに安く行く方法

イタリア・ヴェネツィア

次に、ヨーロッパに安く行く方法を考えてみましょう。

よーく考えてみたのですが、以下の4つくらいしか思い浮かびませんでした。

  1. 安い時期(オフシーズン)に行く
  2. LCCを利用する
  3. 他の国を経由して行く
  4. パッケージツアーを利用する

1に関しては、さきほど説明したので、2~4について簡単に解説していきます。

 

1.LCCを利用する

ヨーロッパのLCC「イージージェット」

まー誰でも思い浮かぶ案ですね。LCC、いわゆる格安航空券を買ってヨーロッパを目指す方法です。

通常は、日本からヨーロッパへ行く場合は、フランスならエールフランス航空、イギリスならブリティッシュエアウェイズ、ドイツならルフトハンザといったように、それぞれのフラッグキャリアを利用するケースが多いと思いますが、そうではなく、もっと安い航空会社を利用して行こう!という考えです。

最近ではエアアジアやジェットスター、バニラエア、ピーチなど、国内・アジア地域でも数多くのLCCが台頭していきています。

が、残念ながら2018年現在、日本からヨーロッパへのLCCは存在していません。

少なくとも直行便は無いのです。かなりの長距離便になりますから、ある意味当然といえば当然か。

「じゃあなんで書いたんだよバカにすんな」と言われそうですね。ごめんなさい。

ただ、日本からの直行便は無くても、どこかを経由すれば不可能ではありません。次の項目で説明します。

 

 

2.他の国を経由していく。

これですね。正直これしかありません。スカイスキャナーとかで検索すると、何十時間とかかかるけどめちゃくちゃ安い検索結果が出る奴。あれです。

ヨーロッパの場合は、アエロフロートを利用してロシア経由で行く方法、あるいは中国東方航空を利用して中国経由で行く方法の2択になることがほとんどです。

これ、乗り継ぎに結構時間がかかりますし、サービスもあまり良くないとの評判ですので、個人的にはオススメしません。

が、とにかく「どんなに時間がかかっても、サービスが悪くても、安く行きたいんだ!」という方はこの方法が一番良いのではないでしょうか。

前述した安い時期(冬)に、この方法で行くのが、現状ヨーロッパへ格安で行く最善の方法だと思います。

 

 

3.パッケージツアーを利用する

実はこれも意外とバカにできません。HISとかJTBといったツアー会社で、航空券・ホテル・観光込みのツアーを申し込んでしまうという手段です。

もちろん自己手配で乗り継ぎ有りの格安航空券・格安ホテルを予約するよりは高くなってしまいますが、たとえば直行便で行って、そこそこ良いホテルを求めるのであれば、自己手配よりもパッケージツアーを利用した方が安く済むことが結構あったりします。

これも出発時期・予約タイミングによって大きく左右されますので、トラベルコなどのツアー比較サイトを利用して調べてみると良いでしょう。

 

 

 

 

まとめ

ヨーロッパにとにかく格安料金で行きたい方は、冬(年末年始除く)に他国経由の格安乗り継ぎ便で行きましょう。

長々と文章を書いた割にはたいして目新しい結論を出せなくてすみません。

「こうすればもっと安くなるよ!」とか裏技的なことでも良いので、知っている方いらっしゃったらコメントいただけると嬉しいです。

拙い文章でしたが、最後まで読んでいただき、どうもありがとうございました。

海外旅行・留学へ行く人におすすめの英語教材

英語ペラペラになって海外旅行・留学へ行きたい人にオススメなのが、

「話す・聴く」に特化した英語学習アプリスタディサプリENGLISHです。


☆スタディサプリENGLISHの特徴

  • 最短2分からできる英会話レッスン
  • 今の英語力が診断できる
  • 3ヶ月以内の効果実感者続々
  • 精密な音声解析による発音の確認が可能!
  • 通学/予約不要のオンライン型英会話サービス
  • 人気ゲーム制作会社が考えたドラマ形式レッスン
  • 全ての機能が7日間無料(→当サイト経由なら30日間無料!)でお試し可能

以上のような特徴があります。

私も毎日、出勤途中の電車でリスニング・ディクテーションをしたり、寝る前にスマホのマイクに向かって英語を発話して、英語学習に励んでいます。

他人と接することなく、英語の「スピーキング」と「リスニング」を磨くことができるので、コミュ力が無い私にはぴったりのアプリです。笑

 

☆まずは1か月間無料でお試し体験!

月額980円、年額9,800円ですが、最初は無料でお試し体験ができます。

また、通常のお試し期間は1週間と短いのですが、当サイト経由で以下のキャンペーンコードを利用すれば、1か月間、無料体験できます。

キャンペーンコード: TRY2016

 

1か月以内でしたら、途中で解約してもお金がかかりませんので、試しに登録して使ってみてくださいね。

 

\キャンペーンコードを忘れずに/

スタディサプリENGLISHを無料体験してみる!

 

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

トルコの一人旅は男女問わずあまりオススメしない理由。

フィンランド・サーリセルカでオーロラを観測できなかった理由

サンタクロース村に行ったら本物のサンタさんが2人もいた話。

ポルトガルの首都「リスボン」を観光したくなる写真・30選!

フィンランド旅行記 (ヘルシンキ・ロヴァニエミ・サーリセルカ)

圧倒的な迫力!ドイツの世界遺産「ケルン大聖堂」へ行ってきました。