ロサンゼルス旅行・観光に必要な日数と費用を調べてみた。

アメリカ旅行をするのであれば、まず間違いなく選択肢の一つに入ってくるであろう観光地の一つ、アメリカ第二の都市・ロサンゼルス

この記事では、ロサンゼルス旅行するには、何日くらい必要なのか?ということと、予算・旅費は最低でいくらくらいかかるのか?ということを検証していきます。

出来る限り端的にわかりやすくまとめることを心がけます。どうぞ宜しくお願い致します。

 

 

 

 

そもそも「ロサンゼルス」ってどこ?

アナハイムのディズニー

ご存知の方も多いでしょうが、念のために確認しておくと、ロサンゼルスはアメリカ西海岸の代表的な大都市です。

一般的にロサンゼルスといえば、高層ビルが立ち並ぶダウンタウンや、映画でお馴染みのハリウッドを思い浮かべると思いますが、実は一口にロサンゼルスと言っても、その定義は様々です。

市としてのロサンゼルスと、地方行政の区分であるロサンゼルス郡の二種類があり、さらにオレンジ郡を加えた広域都市圏としてのロサンゼルスもあるため、どこまでを「ロサンゼルス」と呼んでいいのか微妙なところです。

たとえばハリウッドはロサンゼルス市に属していますが、

サンタモニカビバリーヒルズはロサンゼルス市ではなく、ロサンゼルス郡内の別の市です。

初っ端から御託を並べてしまいましたが、この記事ではロサンゼルスの定義を広義での「ロサンゼルス大都市圏」として扱っていきます。

ロサンゼルスのダウンタウンをはじめ、ハリウッド、サンタモニカ、ビバリーヒルズ、トーランス、アナハイムなど全て「ロサンゼルス」と考えていきます。

 

 

 

 

ロサンゼルス観光には何日必要か

ユニバーサルスタジオ・ハリウッド

ロサンゼルスには、広域で考えると、アメリカの中でも屈指の観光スポットが多数あります。

全てまわり切るのであれば、正直言って1週間あっても足りないくらいです。

ただ、結局のところ、「どこを見たいか」にもよると思いますので、いわゆる主要な観光スポットを網羅したいのであれば

最低でも(移動日抜きで)3日くらいの日数は欲しいところですね。

 

ちなみに、ロサンゼルスの主要観光スポットを箇条書きでまとめると

  • ハリウッド
  • ユニバーサルスタジオ
  • グリフィス天文台
  • サンタモニカ
  • ディズニーランド
  • シックスフラッグス
  • メジャーリーグ観戦(ドジャース、エンゼルス)

こんなところでしょうか。

完全に個人的な主観です。

他にもリトルトーキョーやビバリーヒルズなど、人によって行くべきポイントは多数あると思います。

そこらへんはガイドブック等を読んで、行きたい場所を決めてみてください。

 

とはいえ、今挙げた場所に全て行こうとすると、それこそ3日では全然足りません。

まずユニバーサルスタジオやディズニーランド、シックスフラッグスといった有名な遊園地へ行くと、それだけで丸一日を費やすことになります。

1~2日間でまわりきれそうなスポットといえば、ダウンタウン・ハリウッド(ハリウッドサイン)・グリフィス天文台・サンタモニカくらいでしょうか。

MLBやNBAといったスポーツ観戦をするのにも、移動を含め半日以上は消費することになります。

ですから、3日間で観光する場合、上記の1~2日でまわれそうなスポットをまわって、もう1日を遊園地・スポーツ観戦に費やす、という感じですね。

もちろん、観光に使える日数が多いに越したことはありません。

さすがに1か月とかの長期期間は必要ないと思いますが、もし時間が取れるのであれば5日~10日くらいは欲しいところです。

 

 

 

 

ロサンゼルス旅行の予算はいくら必要?

サンタモニカ

まず日本から行く場合の航空券代(往復)が、通常期で約10万円前後繁忙期(GW・お盆・年末年始)で約15万~20万円といった具合で、渡航する時期によって大きく金額が変わります。

 

ホテルに関しては、早めに予約しておけば価格が時期に左右されることは少ないですが、とにかく航空券代がネックになります。

 

あとは、何日間滞在するか、どこへ行くか、移動手段をどうするか、選択次第で料金が変わってきます。

 

ここでは仮に3泊5日で、さきほど挙げた主要観光地へ行くことを想定して考えてみましょう。

航空券代:10万~20万

宿泊費:一泊7,000円×3日

食事代:1日3,000円×3日

観光費・移動費:1日10,000円×3日

合計:16万~26万円

 

かなーりざっくりした計算であまり参考にならないかもしれませんが、3泊5日の場合、

  • 通常期で15万円前後
  • 繁忙期で25万円前後

このくらいの計算で考えておけば間違いないと思います。

 

細かい数字は人によって違ってくると思いますが、どんなに安く済ませようとしても、やっぱり10万円は越えてしまうと思います。

ちょっと贅沢をするとあっという間に30万円くらい超えてしまいますのでご注意を。

 

 

 

 

まとめ

・ロサンゼルス観光には最低でも3日は欲しい

・予算は安い時期で15万円前後、混み合う時期だと25万円前後

要点をまとめるとこんな感じです。

人によって考え方が違ったり、タイミングによって料金は大きく変わってしまいますので、あくまでも一例として参考する程度に考えていただけると幸いです。

下手くそな文章でしたが、最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

海外旅行・留学へ行く人におすすめの英語教材

英語ペラペラになって海外旅行・留学へ行きたい人にオススメなのが、

「話す・聴く」に特化した英語学習アプリスタディサプリENGLISHです。


☆スタディサプリENGLISHの特徴

  • 最短2分からできる英会話レッスン
  • 今の英語力が診断できる
  • 3ヶ月以内の効果実感者続々
  • 精密な音声解析による発音の確認が可能!
  • 通学/予約不要のオンライン型英会話サービス
  • 人気ゲーム制作会社が考えたドラマ形式レッスン
  • 全ての機能が7日間無料(→当サイト経由なら30日間無料!)でお試し可能

以上のような特徴があります。

私も毎日、出勤途中の電車でリスニング・ディクテーションをしたり、寝る前にスマホのマイクに向かって英語を発話して、英語学習に励んでいます。

他人と接することなく、英語の「スピーキング」と「リスニング」を磨くことができるので、コミュ力が無い私にはぴったりのアプリです。笑

 

☆まずは1か月間無料でお試し体験!

月額980円、年額9,800円ですが、最初は無料でお試し体験ができます。

また、通常のお試し期間は1週間と短いのですが、当サイト経由で以下のキャンペーンコードを利用すれば、1か月間、無料体験できます。

キャンペーンコード: TRY2016

 

1か月以内でしたら、途中で解約してもお金がかかりませんので、試しに登録して使ってみてくださいね。

 

\キャンペーンコードを忘れずに/

スタディサプリENGLISHを無料体験してみる!

 

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ニューヨーク旅行・観光に必要な日数と費用はどのくらい?

シアトル旅行記(航空博物館,地下都市,ガラス美術館など)

“砂漠の芸術” サルベーションマウンテンの行き方は?

アメリカ西海岸おすすめ観光地ランキング ベスト5!

“世界一暑い場所”デスバレー国立公園で全力疾走した結果…

アメリカのパーティで日本人が人気者になる方法