ニューヨーク旅行・観光に必要な日数と費用はどのくらい?

これまで当サイトではロサンゼルスやサンフランシスコシアトルなどアメリカ西海岸の都市を中心に情報をまとめていたのですが、今回はアメリカ最大の都市ニューヨークについて書いてみます。

私がNYへ行ったのは過去1度だけですが、そのときに一通り観光地はまわったので、それぞれどういう場所か・所要時間がどのくらいか、ということくらいはわかりますので、その時の微かな記憶を頼りに情報を提供していければと考えています。

テーマは、ニューヨーク旅行って何日くらい必要なの?ということと、予算(旅費)はいくらくらいで見積もっておけばいいの?という2点です。

 

 

 

 

ニューヨーク観光に必要な日数

メトロポリタン美術館

何を見たいか・どこへ足を運ぶかによりますが、そこを考えずとも、観光には(移動時間は抜きにして)最低3日間できれば5日間は欲しいところです。

ニューヨークは世界最大と言えるくらい巨大な都市ですから、当然ながら見るべき箇所もたくさんあります。

主要な観光スポットを挙げていきますと

  • ブロードウェイ
  • セントラルパーク
  • リバティ島(自由の女神)
  • タイムズスクエア
  • ブルックリン橋
  • エンパイアステートビル
  • メトロポリタン美術館
  • ニューヨーク近代美術館(MoMA)
  • アメリカ自然史博物館

挙げ始めるとキリがありませんが、代表的なのはこんな感じ。

個人的に、絶対に行くべき観光スポットはブロードウェイセントラルパーク、そしてタイムズスクエアです。

そのくらいであれば、最悪1日でもまわりきれます。

もし3日間あれば、上記の主要スポットに足を運ぶことは充分可能です。(かなりキチキチなスケジュールになりますが)

ただ、ゆとりをもって観光したいのであれば理想は5日間~1週間くらいは欲しいですね。

ニューヨークほどの大都市となると、楽しみ方は観光地やエンターテインメント・芸術だけでなく、高級なホテル滞在や、レストランでの食事も、大きな魅力の一つになり得ます。

楽しむべきポイントは無限にあると言っても過言ではありません。日数は多ければ多いほど良いと個人的には思います。

 

 

 

 

ニューヨーク旅行の予算はいくら?

ブロードウェイ

海外旅行で一番お金がかかるのが、なんといっても飛行機代(航空券代)です。

ロサンゼルスへ行く場合も似たような感じですが、特にイベントや連休が無い通常期と、観光客でごった返す繁忙期(GW・お盆・年末年始)では、航空券の価格が全く異なります。

日本から行く場合、航空券の往復料金が通常期で10~13万円繁忙期だと15~25万円くらいになってしまいます。

もちろん為替相場やイベントの有無によっても値段は変わってきますが、概ねこのくらいと考えて良いでしょう。

この飛行機代をベースに、宿泊費・食事代・観光費・移動費・その他雑費が加わります。

 

仮に旅程を3泊5日とし、宿泊費を1泊8,000円、食事代1日3,000円、その他諸費1日5,000円とすると、3日間で約5万円。

これに航空券代を加えると、最安で15万円繁忙期だと30万円くらいかかることになります。

 

かなり単純計算で予算を出してしまいましたが、もちろん実際はこんなに簡単な話ではありません。

 

なるべく旅行でお金を使わない倹約家であれば、宿泊に関してもカウチサーフィン等で無料に抑えるでしょうし、ショッピングやエンターテインメントが大好きな人であれば、ブロードウェイや買い物でバンバンお金を使うことになるでしょう。(むしろそれがNYの醍醐味です。)

 

ただ、基本的な考え方として、NYは世界一の大都会ですから、お金を使って楽しむことが大前提となります。

ショッピングにしても、ブロードウェイのミュージカルにしても、美味しい食事にしても、美術館や博物館にしても、お金が必要です。

ですから滞在費・観光費はどうしても他の国・地域よりは多めにかかることが予想されます。

となると、3泊5日を航空券代込み15万円以内に収めるのは容易ではありません。

やはり、結論としては20万~30万円、あるいはそれ以上費やすことになるのが普通の感覚なのかな、と個人的には思います。

 

 

 

 

まとめ

NY旅行・観光に必要な日数・費用は以下のとおり。

必要な日数:最低3日間(できれば5日~1週間)

必要な費用:20万円~30万円

だいぶざっくりとしていますが、今後旅行計画を立てる上での目安にはなると思います。

個人的な主観に基づいた結論ですので、あくまでも一例として参考にしてみてください。

海外旅行・留学へ行く人におすすめの英語教材

英語ペラペラになって海外旅行・留学へ行きたい人にオススメなのが、

「話す・聴く」に特化した英語学習アプリスタディサプリENGLISHです。


☆スタディサプリENGLISHの特徴

  • 最短2分からできる英会話レッスン
  • 今の英語力が診断できる
  • 3ヶ月以内の効果実感者続々
  • 精密な音声解析による発音の確認が可能!
  • 通学/予約不要のオンライン型英会話サービス
  • 人気ゲーム制作会社が考えたドラマ形式レッスン
  • 全ての機能が7日間無料(→当サイト経由なら30日間無料!)でお試し可能

以上のような特徴があります。

私も毎日、出勤途中の電車でリスニング・ディクテーションをしたり、寝る前にスマホのマイクに向かって英語を発話して、英語学習に励んでいます。

他人と接することなく、英語の「スピーキング」と「リスニング」を磨くことができるので、コミュ力が無い私にはぴったりのアプリです。笑

 

☆まずは1か月間無料でお試し体験!

月額980円、年額9,800円ですが、最初は無料でお試し体験ができます。

また、通常のお試し期間は1週間と短いのですが、当サイト経由で以下のキャンペーンコードを利用すれば、1か月間、無料体験できます。

キャンペーンコード: TRY2016

 

1か月以内でしたら、途中で解約してもお金がかかりませんので、試しに登録して使ってみてくださいね。

 

\キャンペーンコードを忘れずに/

スタディサプリENGLISHを無料体験してみる!

 

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

サンフランシスコ観光に必要な日数・費用とおすすめのスポットは?

ロサンゼルス旅行・観光に必要な日数と費用を調べてみた。

シアトル旅行記(航空博物館,地下都市,ガラス美術館など)

アメリカのブラックフライデーとは何か。実際に体験してみた。

アメリカ西海岸おすすめ観光地ランキング ベスト5!

アメリカにある『死の湖』ソルトン湖へ行ってみた。