海外旅行に全く英語ができない・話せない状態で行っても大丈夫か

今回のテーマはタイトルのとおり。

英語が全然出来ないのに、海外旅行や世界一周旅行に行っても大丈夫?

というお話です。

 

結論から言うと、ちょっとした準備さえしておけば、なんとかなります。

何の準備をしなくても、最終的には何とかなるかもしれませんが、やっぱりちょっと危険です。

旅行まで時間があるのであれば、準備しておくに越したことはありません。

 

そもそもあなたがこのページを開いたということは、きっと


これから海外旅行へ行くけど、英語がほとんど喋れないから不安…

という気持ちが、少なからずあるからだと思います。(違ったらごめんなさい)

 

少しでも不安があるのであれば、多少の準備をして行った方が良いです。

 

というわけで、この記事では英語が全然できない人向けに、海外旅行の準備・対策を講じていくことにします。

 

 

 

 

英語を喋れない状態で海外へ行くことについて

対策を講じていく前に、英語ができない状態で海外へ行った私の経験について話しておきますね。

以前、私は英語が全く喋れない状態でアメリカに留学したことがあります。

ここで言う「喋れない」状態とは、

英文法や単語力は高校入試や大学入試の時に一通り勉強したが、今はほとんど習った内容を忘れていて、結局”Thank you” や ”Hello”等、小学生でも知っているレベルの言葉しか口から出てこない状態

のことを言います。

 

結果的に、半年ほどで簡単な日常会話くらいなら支障無く出来るレベルまで英語力を上げることができましたが、最初の数週間はマジで何も理解できなくて、毎日テンパっていました。

 

要するに、そういう「何もかも意味不明」という状況で海外旅行へ行ったらどうなるのか?ってことですよね。

渡航する国にもよりますが、当然ながら、何の対策もせずにいきなり行ってしまうと、空港に到着した段階で詰んでしまいます。

 

もちろんそうやって右も左もわからない状態で四苦八苦しながら旅をするのも良い経験になるのですが、それが嫌!という人がほとんどなのではないでしょうか。

 

であるならば、そうなってしまわないように、やはりある程度の準備・対策はしておくべきでしょう。

 

 

 

 

言葉がわからなくて不安な人が取れる対策

私が考える、海外旅行前に取るべき対策は以下の5つ。

対策① 基本的な旅先英会話を一通りマスターしておく

対策② ツアーに申し込む

対策③ 翻訳機を持って行く

対策④ 旅の指さし会話帳を持って行く

対策⑤ 本格的に英語の勉強をしておく

以上です。

 

この中のどれか一つ、自分に合っていそうな対策を取っておけば、あとは何とかなるんじゃないかな~って思いますよ。

では一つ一つ具体的に解説していきましょう。

 

 

 

対策① 基本的な旅先英会話を一通りマスターしておく

これが一番わかりやすい対策かな、と思います。

旅先で使うであろう英語を事前に考えておき、それを喋れるようにしておくのです。

 

日本から出国して、無事に帰国するまでに遭遇するであろう場面としては

  • 基本的な挨拶(Hello, Thank you等)
  • 入国・出国審査
  • 場所を尋ねる(Where is 〇〇~?)
  • ホテルのチェックイン・チェックアウト(Check in, please~)
  • 「~したい・行きたい」との要望を伝える(I want to ~)
  • レストランでのオーダー(Can I have~?)
  • 買い物・ショッピング

だいたい、こんなところでしょうか。

 

こういった場面のときに、どのような英語を使うのか、どのようなことを尋ねられるか、事前にシミュレーションしておけば、ある程度なんとかなると思います。

このくらいの対策であれば、お金をかけずともネット記事や図書館の本など無料で情報を手に入れることができます。

 

いくつか参考になりそうなサイト記事を載せておきますね。

http://eikaiwa.dmm.com/blog/8268/

https://www.alc.co.jp/speaking/article/travel/

https://www.compathy.net/magazine/2015/09/03/travel-english-150-words/

 

余談ですが、「英語の文法、これで合ってるかな?」とか、「この表現って失礼に値するかな?」とか、そういう余計なことを考える必要はありません。

向こうも、こちらが外国人だということを認識しているはずですし、完璧な英語を喋れるなんて微塵も思っていませんから、気にしなくて良いです。

一番ダメなのは、体裁を気にするあまり、何も喋れなくなってしまうことです。これが一番いけません。

最悪、片言でも大丈夫。たとえばトイレに行きたいときに、「Toilet, where?」とかでも通じるはずです。

自分の思っていることを真剣に相手に伝えようとする意思・情熱・度胸さえあれば、それで充分なのです。

 

 

 

対策② ツアーに申し込む

お金に余裕がある人、無難に旅行をしたい人、初めての海外旅行という人は、ツアーに申し込むのが一番安心だと思います。

JTBやHISといった大手ツアー会社が敢行しているパッケージツアーを利用して、海外へ行く方法です。

日本人ガイドがつくツアーに申し込んだ場合、外国語を一切喋れなくても大丈夫です。こんなに心強いことはありません。

日本から出発して、帰国する時までずっとガイドがつく「パッケージツアー」もありますが、他にも、現地集合現地解散の「現地ツアー」なるものも多数用意されていますので、そういったものを利用するのも良いかもしれませんね。

 

 

 

対策③ 翻訳機を持って行く

科学の進歩というのは凄いもので、最近では同時通訳の機械というものがどんどん普及しています。

ドラえもんに出てくる「ほんやくコンニャク」ほどではありませんが、だんだんとその次元に近づいていってますね。

数ある翻訳機の中でも、一番有名で人気があるのが、リモコンサイズの瞬間オフライン翻訳機「ili(イリー)です。

 

イリーの特徴をざっくり挙げていきますと

  • 英語・韓国語・中国語の3か国語に対応
  • コンパクトでいつでも取り出せる、持ち運びが簡単
  • 翻訳スピードが速い(最速2秒!)
  • ネット接続無しのオフラインで使える!
  • 操作が超簡単!(ボタンは3つしかない)

このような特長を兼ね備えています。

 

購入する場合は、家電量販店やAmazonでも購入できますが、公式サイトで購入するのが一番安く済むと思います。

 

瞬間オフライン翻訳機 ili(イリー)公式サイトはこちら!

 

 

 

対策④ 旅の指さし会話帳を持って行く

これも結構定番ですね。旅の指さし会話帳

本のタイトルのとおり、英語を喋れなくても聴けなくても、本を開いて指をさすだけで会話ができる!っていう優れものです。

英語だけでも色々なシリーズが出版されていますし、英語圏の国だけではなく、アジアやヨーロッパ諸国など、様々な国に対応した会話帳が出ています。

行先に合わせた会話帳をチョイスしましょう。

 

 

 

対策⑤ 本格的に英語の勉強をしておく

短期の海外旅行へ行くためだけに「英語を本格的に話せるようになろう!」という人はあまりいないと思いますが、

たとえば今後、長きにわたって世界中いろいろな国へ旅行したい人や、あるいは長期の海外旅行(世界一周など)をするのであれば、いっそのこと英語をマスターしよう!と思い立つ人がいても不思議ではありません。

そういう人は、英語をガチで勉強してしまいましょう。

近所の英会話教室に通うも良し、本屋で買った参考書で勉強するも良し、スマホのアプリ(スタディサプリ ENGLISH)で勉強するも良し。

自分に合った方法を見つけて、毎日英語学習を継続するのです。

 

何を隠そう私自身も、今後の海外旅行のために、もっと英語をしっかり喋れるように、毎日英語を勉強中なのです。

これに関しては、書き始めるとものすごく長くなってしまいますので、別記事にまとめています。ぜひとも参考にしてみてくださいね。

 

日本に住んでいると、当たり前ですが、どうしても日常的に英語を話す機会がありません。 英語ができるようになりたい!と多くの人が思って...

 

 

 

 

おわりに

さて今回は「英語ができない状態」で海外へ行っても大丈夫か?という題材で書いてみました。

行先がたとえ中国であっても、ブラジルであっても、英語を話すことができれば多少はラクになるはずです。

英語が全然できない・出来る気がしない!という方は、この記事で挙げた5つの対策のうちの一つを実施してみてください。

拙い文章でしたが、今後海外旅行へ行く方々の参考になれば嬉しいです。

海外旅行・留学へ行く人におすすめの英語教材

英語ペラペラになって海外旅行・留学へ行きたい人にオススメなのが、

「話す・聴く」に特化した英語学習アプリスタディサプリENGLISHです。


☆スタディサプリENGLISHの特徴

  • 最短2分からできる英会話レッスン
  • 今の英語力が診断できる
  • 3ヶ月以内の効果実感者続々
  • 精密な音声解析による発音の確認が可能!
  • 通学/予約不要のオンライン型英会話サービス
  • 人気ゲーム制作会社が考えたドラマ形式レッスン
  • 全ての機能が7日間無料(→当サイト経由なら30日間無料!)でお試し可能

以上のような特徴があります。

私も毎日、出勤途中の電車でリスニング・ディクテーションをしたり、寝る前にスマホのマイクに向かって英語を発話して、英語学習に励んでいます。

他人と接することなく、英語の「スピーキング」と「リスニング」を磨くことができるので、コミュ力が無い私にはぴったりのアプリです。笑

 

☆まずは1か月間無料でお試し体験!

月額980円、年額9,800円ですが、最初は無料でお試し体験ができます。

また、通常のお試し期間は1週間と短いのですが、当サイト経由で以下のキャンペーンコードを利用すれば、1か月間、無料体験できます。

キャンペーンコード: TRY2016

 

1か月以内でしたら、途中で解約してもお金がかかりませんので、試しに登録して使ってみてくださいね。

 

\キャンペーンコードを忘れずに/

スタディサプリENGLISHを無料体験してみる!

 

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【社会人向け】海外旅行でおすすめのクレジットカードは?【保険付き】

【年越し】年末年始おすすめ海外旅行先まとめ【お正月】

口コミで高評価のネイティブイングリッシュ→聞き流しても効果なし!

留学後の英語力維持について考えてみる

一人旅が不安な人へ。海外旅行の心得6カ条。

【徹底比較】海外旅行・出張のレンタルWiFiおすすめランキング!