【社会人向け】海外旅行でおすすめのクレジットカードは?【保険付き】

海外旅行へ行くのであれば、絶対にクレジットカードは必要です。

社会人であれば、たいていの人はクレカを持っているとは思いますが、“海外旅行向け”のクレジットカードとなると少し話が変わってきます。

たとえば傷害保険が付帯しているカードであったり、マイルが貯まるカードであったり、ホテル提携で宿泊費が安くなるカードであったり、オトクなカードが色々とあるからです。

というわけで、この記事では海外旅行へ行く社会人のために、クレジットカードの選び方と、これから海外旅行へ行く人にオススメのクレジットカードを紹介していきます。

ぜひ今後の参考にしてみてください。

 

 

 

 

クレジットカード選びの基準は?

海外旅行で使用するクレジットカードの場合、選ぶポイントは以下の3点に絞られると思います。

 

  1. 海外旅行の傷害保険はついているか否か(どの程度の保険か)
  2. 特典・サービスがついているか否か(ポイント、マイル等)
  3. 年会費はいくらかかるか

 

この3つを意識して、あとはVISAカードかMASTERカードを選んでおけば間違い無いと思います。

 

一つ一つの項目についてもう少し掘り下げて説明していきますね。

 

①クレジットカードの海外旅行傷害保険について

クレジットカードの旅行傷害保険には、自動付帯利用付帯の2種類があります。

自動付帯は、カードを持っているだけで自動的に適用される保険

利用付帯は、カードを利用することで適用される保険

これから作ろうと思っているカードがどちらの保険なのか、必ず確認しておきましょう。

 

また、クレジットカードの保険があれば、一般的な海外旅行保険には加入しなくていいのか?という質問がよくありますが、結論から言えば、保険条件をあらかじめ確認し、それに納得した上であれば問題無いと思います。

ただし、当然ながら大手損害保険会社(AIGなど)の補償内容と比べるとどうしても劣ってしまうので、事前にしっかりと精査したほうが良いと思います。

ちなみに私はクレカを持っていても、海外旅行保険にはしっかりと加入しています。

 

 

②クレジットカードの特典、サービスについて

クレジットカードを利用したり持っているだけでついてくる特典サービスも、クレジットカードを作る上では非常に重要な要素です。

この条件次第でどのカードを作るかの判断基準になると言ってもよいでしょう。

私の場合は、スターアライアンス系統の航空会社(ANA系列)をよく利用するので、マイルを貯めたくて、三井住友VISAカードとANAアメックスカードの2枚を持っています。

また、楽天デリバリーでよく出前を頼むので、楽天スーパーポイント欲しさに楽天カードも一応持っています。

同じような理由で、たとえばワンワールド系統の航空会社(JAL)系統のマイルを貯めたければJALカードを作るのも良いですし、Amazonをよく利用するのであればAmazonカードを作っても良いでしょう。

自分が、どのようなサービスをよく利用し、どのような特典(マイル・ポイント)が欲しいのかをよく考えてみましょう。そこにきっと作るべきクレジットカードのヒントが隠されているはずです。

 

 

③年会費がいくらかかるか

これはピンキリです。以前、学生向けのクレジットカードを紹介しましたが、その時には全て年会費無料というカードを紹介しました。

ですが、社会人であるならば、多少の年会費を払った方がより素晴らしいサービスが受けられますし、特に海外旅行においては空港のラウンジ利用が可能になったり、マイルが高還元率で貯まったり、あるいは傷害保険の金額が高かったり…とにかく、メリットがたくさんあります。

もちろん同じ会社のカードであっても、通常カードからゴールドカード、さらにはプラチナカード等、様々なグレードがあり、それによって年会費も大きく変わってきますので、ご自身の経済状況や、受けたいサービス・特典を考慮に入れた上で選択しましょう。

 

 

 

 

おすすめのクレジットカード5選

最後に、私が個人的におすすめするクレジットカードを紹介します。

年会費実質無料のカードから、特典豊富な高ステータスカードまで5枚厳選してみました。

いずれも、海外旅行をする際には自信を持っておすすめできるカードばかりですので、ぜひカード選びの参考にしてみてください。

 

三井住友VISAカード

年会費1,250円(クラシックカード)

 

特典ANAマイルや景品・キャッシュバック・ギフトカード等と交換できるポイントが貯まる

 

海外旅行保険:表を参照

担保項目 保険金額
傷害死亡・後遺障害 最高2,000万円
傷害治療費用
(1事故の限度額)
50万円
疾病治療費用
(1疾病の限度額)
50万円
賠償責任
(1事故の限度額)
2,000万円
携行品損害[自己負担:1事故3,000円]
(1旅行中かつ1年間の限度額)
15万円
救援者費用
(1年間の限度額)
100万円

 

☆三井住友VISAカードについて

まずは定番中の定番。最初にこれを持ってきてしまうのはちょっと普通すぎてガッカリしてしまう人もいるかもしれませんが、やっぱり三井住友VISAカードは安心です。疑う余地のない信頼と実績があります。

 

三井住友VISAカードのお申込みはこちら!

 

 

 

Booking.comカード

年会費:無料

 

特典:三井住友VISAカードのポイントに加え、宿泊予約サービスBooking.comの宿泊代金10%OFFレイトチェックアウト無料空港送迎ウェルカムドリンクなど、無料でサービスが受けられる。さらにキャッシュバックで最大6%還元や、「Rentalcars.com」でのレンタカー予約が8%OFFなど。

 

保険:三井住友VISAカードと同じ

 

☆Booking.comカードについて

基本的には三井住友VISAカードと変わらないんですが、このカードの場合はブッキングドットコムを利用する際に絶大な効果を発揮します。海外旅行者であればホテル予約は必須ですから、このカードはかなりオススメです。しかも年会費無料!

 

Booking.comカードのお申込みはこちら!

 

 

ANAアメリカンエキスプレスカード

年会費:7,000円

 

特典:ANA航空券や旅行商品など、ANAグループでのカードご利用はポイント1.5倍。1,000ポイント単位でANAのマイルへ移行可能。ウェブで入会すれば3ヶ月間の利用で合計30,000マイル相当獲得可能。他にも空港ラウンジ利用手荷物無料宅配サービス等、特典が盛りだくさん。

 

海外旅行保険:以下の表を参照

担保項目 保険金額
傷害死亡・後遺障害 最高3,000万円
傷害治療費用
(1事故の限度額)
100万円
疾病治療費用
(1疾病の限度額)
100万円
賠償責任
(1事故の限度額)
3,000万円
携行品損害[自己負担:1事故3,000円] 1旅行につき30万円限度

/年間累計額100万円限度

救援者費用
(保険期間中限度額)
200万円

 

☆ANAアメックスカードについて

スターアライアンス系統(ANA、シンガポール航空、ニュージーランド航空、ルフトハンザ等)の航空会社をよく利用する方であれば必須のカードといってもいいでしょう。光熱費の支払いや日常生活の買い物でこのカードを使ってるだけでマイルがバンバン貯まっていきます。もちろん海外旅行の際には、空港ラウンジや手荷物無料宅配など、その威力を存分に発揮してくれます。アメックスなので多少年会費が高いですが、その分ステータスの高さを証明できるカードでもあります。おすすめです!

 

ANAアメリカンエキスプレスカードのお申込みはこちら!

 

 

 

JALカード

年会費:2,160円(本会員)※最初の1年間は無料

 

特典:機内販売割引、国内空港店舗・免税店割引、提携ホテル割引、JALパック(旅行ツアー)割引、JALビジネスきっぷ等。

 

海外旅行保険:表を参照

担保項目 保険金額
傷害死亡・後遺障害 最高5,000万円(保険金額の3%~100%)
傷害治療費用
(1事故の限度額)
150万円
疾病治療費用
(1疾病の限度額)
150万円
賠償責任
(1事故の限度額)
2,000万円*
携行品損害 1旅行につき50万円限度

/年間累計額100万円限度

救援者費用
(1年間の限度額)
100万円

 

☆JALカードについて

ワンワールド・アライアンス系統(JALやアメリカン航空など)をよく利用するのであれば、このJALカードがオススメです。個人的にはよく海外旅行へ行くのであれば、このJALカードと、さきほどのANAアメックスカードの二刀流が最強だと思います。

 

JALカードのお申込みはこちら!

 

 

 

楽天カード

年会費:無料

 

特典:海外レンタカー10%オフ携帯・WiFiルーターレンタル20%オフ手荷物宅配優待サービス楽天カード会員専門ラウンジ(ハワイ・ワイキキ)海外緊急サービス紛失・盗難対応などなど。

 

海外旅行保険:表を参照

担保項目 保険金額
傷害死亡・後遺障害 最高2,000万円*
傷害治療費用
(1事故の限度額)
200万円
疾病治療費用
(1疾病の限度額)
200万円
賠償責任(免責なし)
(1事故の限度額)
2,000万円
携行品損害[自己負担:1事故3,000円]
(1年間の限度額)
20万円
救援者費用
(1年間の限度額)
200万円

 

☆楽天カードについて

楽天カード。CMなんかでもよく宣伝されていますが、実はかなり優秀なカードです。まず通常のカードであれば年会費無料であることに加え、使用すれば楽天ポイントがどんどん貯まりますし、なんといっても海外旅行者にとって有難い特典がたくさん付いています。レンタカーやレンタルWiFiの割引やラウンジサービスなど、バカに出来ない特典がたくさんついていますので、1枚作っておくのも悪くないと思いますよ!

 

楽天カードのお申込みはこちら!

 

 

 

 

まとめ

最後にこれまでの内容を簡単にまとめてみましょう。

海外旅行へ行くのであれば、クレジットカードを申し込むときにチェックするポイントは以下の3点。

  1. 年会費
  2. 特典・ポイント
  3. 傷害保険

以上の3条件を意識しながら、それぞれの経済状況や好みに合わせてカードを選びましょう。

 

で、私の個人的なおすすめクレジットカードは、以下の5枚です。

 

拙い文章でしたが、この記事が今後海外旅行へ行かれる方の手助けになれば幸いです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

海外旅行・留学へ行く人におすすめの英語教材

英語ペラペラになって海外旅行・留学へ行きたい人にオススメなのが、

「話す・聴く」に特化した英語学習アプリスタディサプリENGLISHです。


☆スタディサプリENGLISHの特徴

  • 最短2分からできる英会話レッスン
  • 今の英語力が診断できる
  • 3ヶ月以内の効果実感者続々
  • 精密な音声解析による発音の確認が可能!
  • 通学/予約不要のオンライン型英会話サービス
  • 人気ゲーム制作会社が考えたドラマ形式レッスン
  • 全ての機能が7日間無料(→当サイト経由なら30日間無料!)でお試し可能

以上のような特徴があります。

私も毎日、出勤途中の電車でリスニング・ディクテーションをしたり、寝る前にスマホのマイクに向かって英語を発話して、英語学習に励んでいます。

他人と接することなく、英語の「スピーキング」と「リスニング」を磨くことができるので、コミュ力が無い私にはぴったりのアプリです。笑

 

☆まずは1か月間無料でお試し体験!

月額980円、年額9,800円ですが、最初は無料でお試し体験ができます。

また、通常のお試し期間は1週間と短いのですが、当サイト経由で以下のキャンペーンコードを利用すれば、1か月間、無料体験できます。

キャンペーンコード: TRY2016

 

1か月以内でしたら、途中で解約してもお金がかかりませんので、試しに登録して使ってみてくださいね。

 

\キャンペーンコードを忘れずに/

スタディサプリENGLISHを無料体験してみる!

 

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

一人旅が不安な人へ。海外旅行の心得6カ条。

世界一周旅行中に食べた “本当に美味しいもの” 8選!!

世界一周で行ってよかった国・イベント・観光地ランキング!

【大学生向け】海外旅行でおすすめのクレジットカードは?【卒業旅行】

【年越し】年末年始おすすめ海外旅行先まとめ【お正月】

社会人でも連休で海外旅行に行ける!日数別おすすめ旅行先!