【学生用】海外留学におすすめのクレジットカード2枚!【厳選】

留学へ行くのであれば、たとえ渡航先がアメリカであろうと、カナダであろうと、オーストラリアであろうと、ヨーロッパ・アジア諸国であろうと、クレジットカードは絶対に必要です。

 

私が留学した時も、もちろん持って行きました。2枚だけね。

たぶん最低2枚持っていれば、大丈夫だと思います。

1枚だけだと不安、4枚以上だと多過ぎ、という感覚ですね。

 

インターネットで「クレジットカード 留学 おすすめ」とか調べれば、おすすめのクレカがぶわー!!って大量に出てくると思うんですが

正直言って、情報量が多過ぎだよね。そんなに色々オススメされてもどれにすれば良いのか悩むっつーの。

まあ極論を言えば、何でも良いんですよ、クレジットカードなんて。

留学の場合は、学生が使えて、年会費が安い(もしくは無料)であれば、何でも良いんです。

 

とはいえ、いくらなんでも「何でも良い」で結論づけてハイ終了!ってのは強引過ぎるし、そもそもなんでわざわざブログ記事書いたんだ貴様、って話になっちゃう。

というわけで、一応、私のおすすめのクレジットカードを紹介していきます。

 

これから海外留学へ行く人にとって、どれが一番便利でお得なのか、というのを徹底的に考えて、導き出したクレカを2枚だけ紹介します。

いわば厳選された2枚、というやつですぜ、旦那。

 

クレカごときで悩んでいる時間は勿体無いので、さっさと作って、英語の勉強に時間を割いてください。

発行手数料も無料、年会費も無料(学生のみ)ってやつをチョイスしましたので、お金がかかることは無いですから。

では、どうぞ。

 

 

 

 

とりあえず作っておけばいいんじゃね?と思うカード

本当は色々あるんだけど、あんまりたくさんの種類を挙げてもたぶん困惑してしまうだけなので

とりあえず、VISAとアメックスでおすすめのやつを1枚ずつ挙げておきます。

いずれも、実際に私が留学した時に使っていたカードです。

 

☆三井住友クレジットカード(VISA)

  • 安心・信頼のVisaブランド
  • 充実のサービスなのに年会費を無料にできる
  • セキュリティ面が抜群
  • 海外留学に安心
  • ポイント(マイル)が貯まりやすい

とりあえずの1枚、といえばコレです。VISAブランド+三井住友=安心、的な。

三井住友クレジットカードには実はいくつか種類があって、「デビュープラス」とか「クラシックカード」とか色々あるんですが、留学へ行くのであれば、「クラシックカード 学生用」がオススメ。

年会費・発行手数料は無料ですし、スターアライアンス系統(ANAとか)のマイルも貯まる、海外旅行の傷害保険もついています。

留学へ行くのであれば、作らない理由は無いでしょう。

 

 

☆セゾンブルー・アメリカン・エキスプレスカード(AMERICAN EXPRESS)

  • 初年度無料!さらに26歳までは年会費が無料
  • 海外旅行保険が自動付帯
  • 海外での利用はポイント還元率が2倍
  • 申込より即日~3営業日で発行!即利用可能!

アメックス(アメリカンエキスプレス)のクレカって、普通は高収入の人じゃないと作れないイメージがあるんですが、このセゾンブルーは学生でも作れちゃうっていう優れもの。

このカードの特徴は、海外での保険の適用範囲が広いこと。(自動付帯・死亡保険3,000万・傷害保険300万)

そして何といっても、26歳までの人であれば年会費が無料である、ということ。

もちろんセキュリティ面やポイント制度なども充実しています。

留学する人のために作られた、みたいな超絶優秀カードです!

 

 

※三井住友とセゾンブルーを勧める理由

上記の2枚は、どのサイトでもおすすめランキングにランクインしているし、人気度・知名度・安定度・コスパ、どれをとっても間違い無いやつです。

発行手数料無料・(学生は)年会費無料っていうのがデカいですよね。

私も留学の時はこの2枚を使っていました。

VISAは世界で一番利用されているクレジットカードですし、アメックスは持っているだけでステータスになる(高級レストランとかでもドヤ顔できる)ので、この2つが留学生にはベストかな~って思います。

三井住友VISAは最速3営業日で発行、セゾンブルーアメックスは、即日発行が可能です。

 

とりあえず1枚だけでいいや!という方は、三井住友にしておけば間違い無いと思います。

 

三井住友VISAカードのお申込はこちら!

 

 

 

あとは、これをオススメする人ってあんまりいないんですけど、個人的にオススメなカードを1枚。

☆キャッシュパスポート(MASTER)

  • プリペイドタイプのカード。海外送金もチャージも超簡単。
  • ICチップと暗証番号(PIN)、スペアカードもあるので安心。
  • MasterCard®対応ATMで現金引出し&加盟店でお買い物ができる。
  • 銀行口座不要でスピード発行可能

キャッシュパスポートは、クレジットカードではなくて、事前に入金を済ませておく、いわゆるプリペイドカードですね。

SuicaとかPASMOみたいなもんだと思ってくれれば良いと思います。

海外のATMで現金を引き出せるし、MASTER加盟店でクレカと同じように使えるので、汎用性が高いです。

日本からの送金・振込も出来てしまう優秀なやつ。

感覚としては、銀行のキャッシュカードとクレカがセットになったやつ、と考えれば良いでしょう。

クレジットカードと違って、使い過ぎる心配が無いというのが大きな特徴です。

それでいながら、クレジットカードと同じような使い方が出来る、というのは結構大きな魅力ですね。

1枚持っておくと何かと便利です。

 

キャッシュパスポートのお申込みはこちら!

 

 

 

 

留学に最適なクレジットカードの条件とは?

さて、ここまでオススメのクレカ2枚とプリペイド1枚を紹介させていただきましたが、

どういう基準で上のカードをチョイスしたわけ?という疑問が湧いてきた方も中にはいらっしゃるかもしれません。

そこで、補足として、海外留学に最適なクレジットカードの条件、というのを箇条書きしていきます。

 

  1. 学生でも使える
  2. セキュリティ対策がしっかりしている
  3. 特典は多い方が良い(ポイント・マイルなど)
  4. 年会費は払いたくないよね
  5. VISA・MASTER・アメックスの中から2種類は欲しいよね
  6. 海外旅行付帯保険付き(※)
  7. キャッシング機能がある(※)

 

こんなところでしょうか。

完全に私の主観ですが、多くの人はこういう観点でカードを選ぶと思うんです。

たぶん同意していただけるとは思うんですが、不安なので一応ひとつひとつの項目を解説してみます。

 

①学生でも使えること

当たり前ですが、学生でも使えるか否か、というのが最も重要なポイントです。

クレジットカードはある程度の定期的収入がある人=信用のある人しか発行してもらえないのが普通ですが、

最近は学生用クレジットカードなるものを取り扱っている会社がものすごく増えてきています。

もちろん、一般的には収入が無い学生向けのカードですから、利用限度額やキャッシングが出来ない等、多少の制限はつきますが、日常的に使う分には何の問題もありません。

この記事で紹介した三井住友VISAカードも、セゾンブルーアメックスも、学生が留学や海外旅行で使うことを想定して作られたものですので、ピッタリだと思います。

一つ注意してほしいのは、学生用クレジットカードと銘打っていても、18歳未満の人(=高校生)は使えないor保護者の了承が必要…というパターンが多いです。

学生用クレカの多くは、大学生ユーザーを想定したものだと考えておいてくださいね。

 

 

②セキュリティ対策がしっかりしていること

海外(特に欧米諸国)では、日本と違ってクレジットカードを日常的に使う文化が根付いています。

現金を使うことのほうが少ないのですね。

そのせいかどうかはわかりませんが、クレジットカード利用者を狙った詐欺やスリ、スキミング、ATMの吸い込みなど、様々な罠が仕掛けられています。

たとえばすれ違った人に財布を盗まれたり、ATMに入れたカードが出てこなくなったり、不当な請求がきたり、とにかく何かしらのトラブルに巻き込まれてしまう可能性が高いのです。

ただ、トラブルに巻き込まれてしまうのは、ある意味仕方のないことなんですよね。

そこはもう、運が良いか悪いかの話になっちゃうので、「気をつけてね」としかアドバイスができない。

一番大切なのは、トラブルにあってしまった後の対応です。

普通は、クレジットカード会社に連絡して、すぐにカードを止めてもらうのですが、その際に

  1. 取引停止の手続きを迅速にやってくれるかどうか
  2. 万が一お金が使われて、不当な請求がきた時にしっかりと対処してくれるかどうか

この2点を満たしているクレジットカード会社であることが、ものすごーく重要なのです。

ま、はっきり言って、ネット上でオススメされているような有名な会社(楽天とか三井住友とかセゾンとか)であれば、ここら辺はしっかりしているので大丈夫です。

ですが、聞いたことも無いようなクレジットカード会社や評判が悪い会社には注意してください。

ちなみにこの記事で紹介した三井住友とセゾンブルーはセキュリティ対策がしっかりと出来ている会社なので、ご安心を。

 

 

③特典は多い方が良い

見過ごされがちですが、クレジットカードの特典は馬鹿になりません。

特に、カードを使ってショッピングをする度に独自のポイントが貯まるシステムは結構オイシイです。

有名なのが楽天カードですね。楽天ポイントが貯まります。

航空会社(ANAやJAL)が発行するクレジットカードですと、マイルが貯まります。

クレカごとに、もらえるポイントの種類や特典・プレゼントは当然異なります。

自分が「これだ!」と思う特典がついたクレジットカードを選ぶのも、クレカ選びの大きなポイントでしょう。

留学の場合だと、「マイルが貯まること」や「ホテルでの優待」といった条件を満たしていると有り難いかもしれません。

三井住友VISAカードは、スターアライアンス系列(ANAやシンガポール航空、ユナイテッド航空など)のマイルがどんどん貯まりますし、

セゾンブルーアメックスは、JALやANAのマイルも貯まりますし、海外の提携レストラン・ホテルでの割引などもついてきます。

私も、三井とセゾンの2枚を留学で使っている間にどんどんマイルが貯まって、国内線往復分のマイルが貯まった、という経験があります。

留学すると何かと出費の機会が多いですから、可能な限りカードで支払いをして、特典を最大限に活用しましょう。

 

 

④年会費は払いたくないよね

これはもう、そのまんまです。

留学でただでさえ金が無いのに、クレカに余計なお金を取られたくねーよ!って話です。

年会費に限らず、発行手数料とかいう意味不明なお金を取られることもしばしば。

最近は、学生に優しいシステムが次々と出来上がっているので、条件を満たせば年会費・発行手数料無料!って会社が多いです。

一番多いのは、初年度年会費無料!ってパターンですかね。これはズルい。うまくやりやがる。

1年も経てば年会費のことはすっかり忘れちゃいますから、契約時は1年以内に解約するつもりなのに、2年目以降に請求されてから「あっ!」って思い出すパターンです。

ですから、学生の方がクレカを作る場合は、「年会費・発行手数料がどうなっているのか」を気にしておいたほうが良いです。

三井住友VISAカードとセゾンブルーアメックスは、学生の間は年会費が無料ですし、学生期間が終わると、ちゃんと「有料になりますよ~」って通告してくれるんで結構良心的です。

 

 

⑤VISA・MASTER・AMERICAN EXPRESSの中から2種類は欲しいよね

クレジットカードの四大ブランドといえば「VISA(ビザ)」「MASTER(マスター)」「AMERICAN EXPRESS(アメックス)」「JCB」の4つです。

この4つがあれば、たいていのお店でクレジットカードは使えます。

ただ、4種類も持っていく必要はありません。

かといって1種類じゃ心許ないです。

というわけで、2~3種類は用意したほうが良いでしょう。

世界一加盟店の多いVISAカードは必須で、残りの1枚はマスターかアメックスかJCBのうちから選ぶと良いでしょう。

先述したとおり、アメックスを持っている=ステータスが高いというバロメータになりますので、個人的にはアメックスを持っておいたほうが良いと思います。

まぁどれでも大丈夫なんですけどね。ここらへんは好みの問題ですね。

 

 

⑥海外旅行付帯保険がついていること(※)

これは、別に必須というわけではありませんが、「ついているなら、その方がいいよね」っていうやつです。

クレジットカードには、付帯保険といって、事故や事件に巻き込まれた時の保険がついているものがあります。

もっと細かく分けると

  • カードを使ったときにだけ適用される「利用付帯保険」
  • カードを持っているだけで適用される「自動付帯保険」

の2種類があるのです。

ですが、「ついていればいい」というだけで、これを絶対的なものだと私は思いません。

というのも、留学をする場合の保険は、クレジットカードの保険だけでは足りないからです。

クレジットカードの保険の多くは死亡保険と傷害保険のみで、金額も微々たる程度しか補償されません。

海外旅行ならともかく、時間をかけて留学するのであれば、AIG保険など、大手の保険会社でしっかりと契約をすることをオススメします。

 

 

⑦キャッシング機能がついていること

海外では、現金を使う機会が日本に比べて少ない、と書きましたが、それでも小さなお店や自販機など、何かと現金を利用する機会はあります。

そこで便利なのが、クレジットカードで現金を引き出せる「キャッシング機能」です。

これがついていると、留学中のお金の管理がかなり便利になります。

わざわざ海外で銀行口座を開設して、国際振り込みをしてもらう必要がなくなるのです。

ただし、学生用クレジットカードの場合は、最初はキャッシング機能がついていないことが多いです。

申し込み時にキャッシング機能を使う申請をするか、申し込み後に別途申請をする必要があります。

また、未成年の場合は保護者の同意を得なければならないことがほとんどですのでご注意ください。

※三井住友VISAカードとセゾンブルー・アメックスはキャッシング機能をつけられますのでご安心を。

 

 

 

 

結論:留学なら三井住友とセゾンブルーの二刀流で決まり!

だいぶ長くなっちゃいましたが、私が言いたいことは実にシンプルです。

留学に行くのであれば、

  • 三井住友VISAカード
  • セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス

この2種類を作っておけば、とりあえず困ることは無いよ!って話でした。

もちろん、この2種類に限らず、私が挙げた7つの条件を満たすカードであれば、正直どれでも問題無いと思います。

ただ、「情報が多すぎて、結局どのクレジットカードを作れば良いのかよくわからん」という方は、三井住友とセゾンブルーを申し込みましょう。

 

三井住友VISAカードのお申込はこちら!

 

セゾンブルー・アメックスの申し込みはこちら!

海外旅行・留学へ行く人におすすめの英語教材

英語ペラペラになって海外旅行・留学へ行きたい人にオススメなのが、

「話す・聴く」に特化した英語学習アプリスタディサプリENGLISHです。


☆スタディサプリENGLISHの特徴

  • 最短2分からできる英会話レッスン
  • 今の英語力が診断できる
  • 3ヶ月以内の効果実感者続々
  • 精密な音声解析による発音の確認が可能!
  • 通学/予約不要のオンライン型英会話サービス
  • 人気ゲーム制作会社が考えたドラマ形式レッスン
  • 全ての機能が7日間無料(→当サイト経由なら30日間無料!)でお試し可能

以上のような特徴があります。

私も毎日、出勤途中の電車でリスニング・ディクテーションをしたり、寝る前にスマホのマイクに向かって英語を発話して、英語学習に励んでいます。

他人と接することなく、英語の「スピーキング」と「リスニング」を磨くことができるので、コミュ力が無い私にはぴったりのアプリです。笑

 

☆まずは1か月間無料でお試し体験!

月額980円、年額9,800円ですが、最初は無料でお試し体験ができます。

また、通常のお試し期間は1週間と短いのですが、当サイト経由で以下のキャンペーンコードを利用すれば、1か月間、無料体験できます。

キャンペーンコード: TRY2016

 

1か月以内でしたら、途中で解約してもお金がかかりませんので、試しに登録して使ってみてくださいね。

 

\キャンペーンコードを忘れずに/

スタディサプリENGLISHを無料体験してみる!

 

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【準備】留学まで時間が無い!おすすめの英語教材と勉強法まとめ【留学前】

留学が不安で怖い人へ。→ なるようになる。大丈夫。

英語が全く話せない状態でアメリカ留学した結果・・・

アメリカ砂漠地帯の街『サンバーナーディーノ』ってどんな場所?

海外留学で「本当に必要なもの」9選!

アメリカのパーティで日本人が人気者になる方法