留学後の英語力維持について考えてみる

かつてアメリカ長期留学をした私も、留学を終えてから2年・3年と経ってしまうと、あっという間に英語を忘れてしまう(話せなくなる)という事態に見舞われました。

そもそも、たったの1年そこそこしか留学をしていなかったので、失うのもあっという間ということは充分に承知していたつもりだったのですが、それでも「ここまで英語が喋れなくなるものなのか…」とショックを受けました。

大学生時代に留学した場合、多くの人は日本に帰国後、就職活動をして、そのまま日本国内の企業に就職し普通の社会人となる…という流れになる人が多いと思います。

中には、そのまま海外で暮らしたり就職したりする人もいますが、そういう人は、英語力低下の心配は無いと思います。

また、日本国内で就職したとしても、仕事で英語を使うような職業(外資系など)に就けば、それほど英語力のキープ方法に悩む必要も無いでしょう。

ところが、私のように、留学を終えて、全く英語に関わらない仕事に就いて、英語を使う機会を失ってしまった人は、ただひたすら英語力の低下に嘆く一方だと思います。

せっかく高いお金と時間をかけて海外留学したのだから、帰国後も引き続き英語力を維持・向上させたい!

そう考えている人はきっと多いと思います。

 

というわけで、この記事では、留学で身につけた英語力を維持・向上させるための勉強法・英語教材・継続のモチベーションについて考えていくことにします。

同じ境遇の方は、ぜひ最後まで読み進めてみてください。

 

 

 

 

毎日少しずつでも良いので英語に触れよう

留学をしていた人ならわかっている思いますが、英語力の維持・向上のために一番大切なことは、

とにかく毎日、どんな形でも良いので、英語に触れる機会を作ることです。

例えば通勤途中の電車の中で英語のラジオを聴くのも良いですし、家に帰ってからNetflixで海外ドラマを観るのもアリです。

 

もっと効果的なのは、実際に「英語を話す」機会を作ることですね。

近所の英会話教室に通ったり、外国人が集まるバーに行ったり、後述する英語学習アプリ(スタディサプリENGLISH)でマイクに向かってスピーキングしたり…。

 

とにかく、どんな方法でも構いません。

自分に合った、継続しやすい方法で、毎日英語と触れることから、全てが始まります。

 

自分で「英会話に通ってみようかな」とか、英語力を維持・向上させるためのアイディアがあるのなら、すぐにそれを実行し、継続してください。

 

何をすればいいのかわからん!という人は、次の項目で私のおすすめの英語アプリを紹介しますので、ちょいと試してみると良いでしょう。

 

 

 

 

おすすめの英語教材

これまで私も、YoutubeやTEDといった無料の動画サイトをはじめ、瞬間英作文トレーニング等の書籍、さらにはネイティブイングリッシュという「聞き流し系」の英語教材などなど、様々な英語教材に手を出してきました。

いずれも継続することで一定の成果が得られますのでオススメできます。

 

が、(他の色々な記事にも書きまくっていますが)最近特にハマっているのが、スタディサプリ ENGLISHという月額制の英語教材です。

就職・転職サイトでお馴染みのリクルートが運営しており、パソコン(ブラウザ)・スマホ(アプリ)のどちらでも使える教材となっています。

スタディサプリENGLISHは、リスニングや語彙・文法が鍛えられるのは勿論のこと、スピーキングの強化(発音・イントネーションを含む)に力を入れているというのが大きな特徴です。

レッスンの一つである「なりきりスピーキング」では、マイクに向かって発話するだけで、非常に精度の高い音声解析が行われ、自分の発音・イントネーションのどこが悪いのか、しっかりと機械が分析してくれます。

私も毎日、通勤途中や寝る前、休日の暇な時間などに利用していますが、毎日「英語と触れ合ってるな~」という実感が湧いてきますし、そして何よりも飽きが来ない&モチベーションが上がるというのが大きいです。

スタディサプリENGLISHの魅力を伝えようとすると、それだけでものすごい文字数になってしまいますので、箇条書きでメリット・デメリットをまとめてみますね。

 

スタディサプリENGLISHのメリット

  • レッスンが多い(全1680レッスン!)
  • ストーリー構成や登場人物の会話が結構面白い
  • 復習機能が充実している(苦手な分野を解析してくれる)
  • いつでもどこでも気軽に英語の勉強ができる
  • 英語力向上の実感ができる
  • 楽しいから毎日継続しても飽きない

 

スタディサプリENGLISHのデメリット

  • お金がかかる(月額980円or年額9,800円)
  • コミュニケーションスキルは身につかない(対人ではないため)

 

 

こんなところですね。

少しでも気になったり、興味が湧いてきた人は、実際に使ってみることをオススメします!

通常はお試し期間が1週間と短いのですが、以下のキャンペーンコードを登録時に入力すれば1か月間無料でお試し体験することができます!

 

キャンペーンコード: TRY2016

※2016と書いてありますが2018年現在でも普通に使えるので大丈夫です。

1か月以内でしたらいつでも無料で解約できるので、1回試しに使ってみてください。

毎日継続すれば、きっと留学の時と同等か、それ以上の学習効果があると思いますよ!

 

\キャンペーンコードを忘れずに/

スタディサプリENGLISHを無料体験する!

 

 

ちなみに、私も毎日スタディサプリENGLISHを使っています。

毎月、当サイトで英語勉強の効果を報告していますので、気になる方はチェックしてみてください!

そのために、英語学習の神アプリ『スタディサプリEnglish』を教材として利用すると決意しました。 ●...

 

 

 

 

モチベーションの維持はどうする?

日本に住みながら、日本語を喋る日本人に囲まれながら、英語力を維持・向上させるのは、ものすごく難しいことです。

「今日は飲み会だから英語の勉強は無理」とか「疲れたから英語は明日にしよう」とか、いくらでも逃げ道があるからです。

そして、英語から逃げたからといって、特に日常生活で困るようなこともありません。

これでは英語学習を継続させるのは難しくて当然ですよね。

そこで、英語学習のモチベーションを維持するために、何か一つ「目標」を設定することをオススメします。

TOEICで850点取る!とか

海外旅行で外国人とペラペラ喋る!とか

ヨーロッパに永住する!とか

どんなものでも構いません。

何事もそうですが、目標を設定することで、毎日継続するためのモチベーションになることが多いです。

ちなみに私の場合は、「TOEIC900点」「英語の学習時間1000時間」を目標に、毎日スタディサプリENGLISHを継続しています。

そもそも、「留学時代にあんなに英語を話せたのに、今は全然できなくてショック」というだけでも、充分なモチベーションになると思いますが、

それに加えて、最低1つ目標を設定して、毎日英語の勉強に取り組んでみてください。

本気なら、絶対にあなたにも出来るはずです。

 

 

 

 

おわりに

留学を終えて、何の変哲もない日本の中小企業に就職して、英語とはかけ離れた生活を送る諸君。

私達は、かつてたしかに留学していました。

その事実を忘れてはいけないし、得たものを失ってはいけません。

そのために、毎日小さな努力を続けましょう。

毎日継続しているうちに、その努力は習慣となり、気が付いたら英語力が上がっているはずです。

 

繰り返しますが、「毎日コツコツ継続すること

これが一番大事なことなのです。

 



 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

なぜ日本人は英語を話せないのか。できない理由と対策を考えてみた。

口コミで高評価のネイティブイングリッシュ→聞き流しても効果なし!

海外旅行に全く英語ができない・話せない状態で行っても大丈夫か

【準備】留学まで時間が無い!おすすめの英語教材と勉強法まとめ【留学前】

海外旅行の時にやたらと使う英語フレーズ集

【効果検証】巷で評判のスタディサプリENGLISH実践記【更新中】