【徹底比較】海外旅行・出張のレンタルWiFiおすすめランキング!

これから海外旅行や海外出張へ行かれる方々へ。

 

今から載せるランキングは、実際に私が使ってみて「使いやすい!コスパが良い!快適!」と思った順番です。

全部同時にレンタルして、同じ国・同じタイミングで使った結果ですので、信頼性は高いと思います。

 

ただ、一応ランキング形式にはしていますが、性能・価格にそれほど大差はありません。

 

さっさと結論を知りたい方もいらっしゃると思いますので、グダグダと説明を書いていく前にまずはランキングを発表させていただきます!

※ランキング基準は完全に私の独断と偏見です。ご了承ください。

 

 

 

グローバルWiFi


知名度・実績・利用可能国数・取扱機種数ともに文句なし。「どれにすればいいかわからない!」という方は、とりあえずグローバルWiFiを選んでおけばまず失敗はしないと思います。料金に関しても業界最安値を目指しており、申し分ないです。実際私も、3社分レンタルしたにも関わらず、旅行期間中ほぼグローバルWiFiを使っていました。
会社名 株式会社ビジョン
コスパ ★★★★★
利便性 ★★★★★
保証・サービスの良さ ★★★★☆

 

イモトのWiFi


知名度という点に関しては、ひょっとするとこちらが一番有名かもしれません。芸人イモトの名を借りたWi-Fiに死角は無く、ハッキリ言ってグローバルWiFiとほとんど変わりません。むしろキャンセルポリシ―がフレキシブルな分、こちらの方が優良かもしれません。ただ、料金や取扱い機種数が若干劣るため、2位とさせていただきました。
会社名 エクスコムグローバル株式会社
コスパ ★★★★☆
利便性 ★★★★★
保証・サービスの良さ ★★★★★

 

Wi-HO!


知名度やプランの豊富さという点では上記の2社より劣りますが、国・地域によってはワイホーのほうが充実したプランや料金体系を組んでいることがあるので、無視出来ない存在です。私の渡航先においても他社が3Gプランを中心に用意している中、唯一4G/LTEのみのプランだったのがワイホー。ぜひ選択肢の一つにしてみてください。
会社名 株式会社テレコムスクエア
コスパ ★★★★☆
利便性 ★★★★☆
保証・サービスの良さ ★★★★☆

 

 

はい、こんな感じになりました。

 

ホントにどれにすればいいかわからない!でも悩んでいる時間も無い!」という方は、

とりあえず1位のグローバルWiFi借りておけば問題無いでしょう。

 

ちなみに当サイトから申し込むと、レンタル料金が5%安くなりますのでお得です。↓

 

グローバルWiFiをレンタルする方はこちら!

 

 

もう少し熟考して決めたい!という方は、これから私が検証した結果を長々と書いていきますので、最後までお付き合いいただければ、と思います。

※かなり長いので、目次からジャンプして必要な情報だけをピックアップするのも良いと思います。

 

 

 

 

 

☆この記事を書こうと思った理由

ニュージーランドの「テカポ湖」  ※本文とは関係ありません。

私事ですが、先日、南半球のニュージーランドを1週間ほど旅行してきました。

その際、レンタカーを借りる必要があり、グーグルナビや困った時の調べ事をする際にインターネットが繋がっていないと何かと不便だろう、ということで、生まれて初めて旅行用のポケットWi-Fi(ポータブルWi-Fi?)というやつを予約して借りてみました。

 

で、一口にレンタルWi-Fiといっても、正直、種類が多過ぎてわけわかりません

私の大好きな価格.comで料金をチェックしてみようとするも、【全25サービス】とか書いてあるし、いやいやそんなにたくさん比較されても困りますよ、と思ったり

あるいは、色々な方がブログで「おすすめレンタルWi-Fi!!」と書いていますよね。(この記事もそうですが。)

 

色々な比較サイトがありますが、私思うわけです。

 

お前ら実際に同じ環境で比較してみたのか!?と!

 

データだけじゃわからないことなんて、世の中たっくさんあります。

 

そのために、口コミサイトなんてのがあるわけですが

例えば価格.comとかでそれぞれのレンタルWi-fiの口コミを見てみても、人によって言っていることがバラバラで、統一感がありません。

それもそのはず、ある人は4G/LTEの大容量プランをタイで使い、ある人は3Gの一番安いプランをアメリカで使ったりしているわけで、その時々によってシチュエーションが変わるため、基準が無いも同然なんですね。

 

色々なブログを読んでみましたが、表を綺麗に作って比較している人はいても、実際に全部同じ旅行中に使ってやったぞ!っていう馬鹿はいませんでした。(当然だ)

 

誰も試したことが無いのなら、じゃあ俺がやってやるよ!ってことで、実際に借りてみました。(バカです。)

 

で、私がこういう馬鹿なことを実際にやって、これから海外旅行へ行く方に情報を提供することができれば、私のようにレンタルWi-Fiごときで悩む時間を軽減できる、と考え、このような比較記事を書くことにした次第です。

 

 

 

 

◎選んだ会社(機種)とプランについて

①選んだ会社(ブランド)

最初のランキングを見ていただければわかると思いますが、今回私がチョイスしたレンタルワイファイは、以下の3社のものです。

 

  • エクスコムグローバル株式会社の「イモトのWiFi
  • 株式会社ビジョンの「グローバルWiFi
  • 株式会社テレコムスクエアの「Wi-Ho!(ワイホー)

 

この3つを借りました。

 

この3社を選定した理由としては、まず、どのサイト・ブログを見ても、常におすすめWiFiといえばこの3種類が出てくるからです。

 

他にもJAL ABCというのが有名なのですが、どうやら調べてみるとお値段が頭一つ飛び出ていたので、除外とさせていただきました。お金は大事。

 

あとは、有名なものとして「DATAシリーズ」がありますね。

「アロハデータ」とか「U.S.DATA」とか、国や地域に特化したブランド名を持つWi-Fiです。

実は先ほど書いた価格.comの【全25サービス】のうち15サービスは、この「DATAシリーズ」となります。

こちらも本当はレンタルしてみたかったのですが、残念ながら私の渡航先であるニュージーランドに特化したものが存在しなかったため、除外とさせていただきました。

 

他にも「まっぷるWi-Fi」やら「JAPAEMO」やら色々あるんですが、空港での受け取りが出来ない雰囲気だったのでやめました。

 

とりあえず、イモトとグローバルとWi-Hoだけ押さえておけば間違いないだろう、という浅はかな考えです。

 

 

 

②機種について

お次は機種についてです。

今回借りた3社のものは以下の写真のとおりです。

イモトが小さくて、グローバルWiFiとワイホーが同じ機種ですね。

これは、恥ずかしながら借りてから初めて知ったのですが、各社とも取り扱っている機種が何種類もあるようです。

使用するプランや国・地域によって、どの機種を貸し出すか、ということが決まるようですね。(機種の指定は出来ないらしい)

 

各社の取り扱い機種一覧は、以下のリンクから確認することができます。

イモトのWiFi機種一覧

グローバルWiFi機種一覧

Wi-Ho!機種一覧

 

それぞれの公式ホームページに載っている機種の種類数を実際に数えてみました。(2018年現在)

イモトのWi-Fi…12種類

グローバルWiFi …44種類

ワイホー…約14種類

 

これを見ると、グローバルWiFiが圧倒的に種類豊富ですね。

イモトとワイホーの約3倍もの機種が用意されています。

多ければ良い、少ないから悪い、というわけではありませんが、選択肢が増えて渡航先やプランに最適な機種が選ばれるというのは大きなメリットかもしれません。

 

 

 

③プランについて

こちらも、国によって用意されているプランは全然違いますが、選べる限りで最も安いプランにしてみました。

私の今回の渡航先であるニュージーランドで選んだのは、各社以下のプランです。

 

イモト 500MB/1day 3G 8割保証200円

グローバル 3G 500MB/1day 8割保証200円

Wi-ho 4G 250MB あんしん保証200円

 

保証については、本当はつけなければもっと安く済んだのですが、万が一の場合(紛失など)を考えるとちょっと不安だったので、安い保証をつけておきました。

また、詳しくは後述しますが、イモトとグローバルがほぼ同じ補償プランでした。

 

 

 

◎性能(容量・通信速度・バッテリー・重さ)について

①重さ・大きさ・バッテリーについて

レンタルWiFiの性能は、機種によって異なるため一概には言えません。

特にバッテリーの持ちや重さ・大きさに関しては思いっきり機種に依存する形になりますので、こればかりは借りてみないとわからないことがほとんどです。

 

たとえば、私が今回借りたレンタルWiFiは、イモトがZTE MF910,グローバルとワイホーがG3という機種でした。

この比較写真を見ていただければわかるかと思いますが、明らかに見た目はG3のほうが大きく、重いです。

このG3という機種は正直めちゃくちゃ重くて、私が持っていたiphone2.5個分くらいの重さがありました。

 

ただ、バッテリーの持ちはZTEよりもG3のほうが良かったり、お互いに一長一短があります。

ただ、どちらも8時間以上はバッテリーが持ちますので充電に関する心配は無用だと思われます。

 

 

 

②通信速度について

通信速度に関しては、どの会社も特にストレスに感じるようなことはありませんでした。

あと、3G回線と4G/LTE回線というのがありますが、普通にインターネットで調べものしたりSNSで写真投稿したりするだけなら、3G回線で十分満足できます。

というかぶっちゃけた話、3Gも4Gもほとんど速度変わらなかった気がしますw

 

また、同じ機種・似たようなプランであっても、どういうわけか通信速度に違いがあることがあります。(私自身の経験です。)

ニュージーランドのカンタベリーという地区で同じG3という機種のグローバルWiFi・ワイホーそれぞれを使ってインターネット検索を利用したのですが、明らかにグローバルWiFiのほうが早く、ワイホーのほうが少しだけ遅い、という一幕がありました。

ただ、遅すぎるということはなくてストレスを感じるまでには至りませんでしたが、どういうわけか場所によって通信速度に違いが生じることが何度かありました。

気のせいかと言えば、そんな気がしないでもないのですが、ただこれは私が実際に使用してみて感じた事実です。

この件もあって、冒頭のランキングではグローバルWiFiを1位にした、というのもあります。たまたまかもしれませんが、ニュージーランドではグローバルWiFiのほうが安定性が高かったのです。

 

 

 

③容量について

今回私は、イモトとグローバルを1日500MB、ワイホーを1日250MBというプランでレンタルしました。

が、やはり容量って結構大事ですね。普段日本でキャリアのスマホをお使いの方であればわかると思いますが、250MBなんてのは、本当にあっという間に使い切ってしまいます。

Youtubeなんて見ようものなら一瞬です。

イモトのWiFiを使って試しにユーチューブを見てみたのですが、ものの十数分で容量オーバーとなり、通信速度制限がかかってしまいました。

 

これが通信速度制限になったときの写真です。

でも、イモトのWiFiはたしか500MBで契約したはずなのに、なぜか250MBでデータ制限がかかってしまい、「???」状態でした。

 

それに対して、グローバルWiFiは逆に500MBを超えても全く通信制限がかからなくて、快適にインターネットを使い続けることができました。これも正直「???」でした。

通信制限超えているのにインターネットが快適に使えるなんて、あとで追加の請求とかこないかな・・・?とちょっと不安でしたw(もちろん大丈夫でしたが)

 

ちなみにワイホーに関しては、250MBぴったりで通信制限がかかりました。

 

ちなみに、グーグルナビを1日中(約10時間ほど)使い続けて、たまにインターネットやSNSを利用する…程度だと500MBでも割と十分です。

 

でも250MBはダメですね。そもそも250MBというプランを用意している会社も少ないですが、もしワイホーを利用するのであれば容量には要注意。

ただしそこまでインターネットは使わないよ、緊急時用だよ、という方であれば250MBでも十分でしょうね。

 

 

 

 

◎料金・値段について

料金に関しても、3社通じて大きく変わることはありません。

 

一応、それぞれの予約サイトで予約するときに出てくる見積もり画面を残しておきましたので、こちらに載せていきます。

グローバルWiFiの見積画面

イモトのWiFi見積画面

Wi-Ho見積画面

 

 

で、実際に請求された額がこちら。

 

見積もりと実際の請求額がピタリでした。(そりゃそうだ)

 

プランとしてはイモトとグローバルが500MBで3G回線、ワイホーが250MBで4G回線、ということだったのですが

さきほども書いたように4Gも3Gも回線速度がほとんど変わらなかったので、重要なのはやはり容量だと思います。

 

ですので、コスパに関してはワイホーが3社の中では一番劣るかな、という感じです。

 

で、料金を見てもらえばわかりますように、グローバルWiFiだけ1000円ほど安いです。

キャンペーン中の応募だったので、手数料などが安くなっていますが、それを差し引いてもまだグローバルWiFiのほうが安かった。

つまり、私が使った経験をもとに考えるとコスパが良い順にグローバル>イモト>ワイホー、という順位付けになりますね。

実際グローバルが一番使い勝手が良かったです。

ただし、これはあくまでも2018年初頭にニュージーランドで実験した結果です。

当然、タイミングや国によってはコスパは異なりますので、あくまでも参考にする、程度で考えていただければと思います。

 

 

 

 

◎保証プラン(紛失時など)について

たとえば旅行中に荷物を盗まれたり、荷物を無くしてしまったり…なんてことがあるかもしれません。

海外旅行にトラブルはつきものです。

そんな万が一のときのために、各社とも保証プランを用意しています。

 

イモトやグローバルの場合、一番安いプランが200円/日、真ん中のプランが300円/日、一番高いプランが500円/日

200円のプランだと紛失時は8割保証(2割自己負担)、300円のプランだと全額保証、500円のプランだと全額保証+携行品保険付き、的な感じだったと思います。

で、ワイホーに関しては200円で100パーセント保証してくれますので、保証に関してはワイホーが安く済むと考えて良いかもしれませんね。

 

「俺は絶対無くさないぜ!」という人には必要無いかもしれませんが、何が起きるかわからないのが海外旅行ですので、私のような小心者タイプの人間であれば保証プランに加入しておいた方が無難です。

 

各社の保証内容の詳細については、以下のリンクから飛んでみてください。

保証内容(イモトのWiFi)

保証内容(グローバルWiFi)

保証内容(Wi-Ho!)

 

 

 

 

◎WiFi機器の受取・返却について

私が利用した空港は、羽田空港国際線ターミナルです。

事前に予約していけば、指定の受取場所で「予約していた○○です」といって、パスポートと航空券をみせればすぐに貰えます。

 

個人的に受け取りが一番ラクなのは、グローバルWiFiでした。

スマホでQRコードを表示させて、受け取りロッカーで「ピッ」とやれば一瞬でゲットできます。わずか数秒で完了してしまうのです。

なるべく簡潔に済ましたい方は、グローバルWiFiの無人サービスを利用すると良いでしょう。

 

 

で、返却は、どの会社もラクなもんです。

羽田空港国際線ターミナルの場合、到着してすぐのところに以下の写真のような返却ボックスがありますので、そこにストンっと入れてくるだけ。

受取場所・返却場所に関しては、予約の際に詳細が送られてきますので困るようなことは無いはずです。

 

 

 

 

◎キャンセルポリシーについて

最後に、キャンセルポリシーについて。

これ以外と気にしておいたほうがいいと思うんですよね。

本当に借りるかどうか、ギリギリまで見極めたい人っていると思うんですよ。

何日前までならキャンセルOKなのか、というのは、各社とも微妙に違います。

ここでまとめてみましょう。

 

イモトのWiFi→ 出発2日前17時まではキャンセル無料。それ以降は1台あたり2,100円のキャンセル料が発生。

グローバルWiFi→ 出発4日前までキャンセル無料。3日前以降は100%請求

Wi-Ho!→ 受取3日前までキャンセル無料。2日前以降は2,160円のキャンセル料が発生。

 

こんな感じです。

結構条件違いますよね。

これを見る限り、キャンセルに関して寛容なのはイモトワイホーです。

特にイモトが2日前の17時までOKなので、これなら予約後の判断もギリギリまで延ばせますよね。

キャンセルポリシーに関してはイモトがNo.1といったところでしょう。

 

 

 

 

☆結局のところ、どれが一番良いの?

本記事の一番最初に書いたランキングで既に結論は出ていますが、

あらためて「どのWi-Fiを借りるのがベストなのか」ということについて…

 

本音としては、どれでもオッケー!です。

 

というのも、行く国や地域、出発空港、あるいは時期によって料金や通信速度は変わってくるからです。

そして、どの会社もメジャーで充分な実績と信頼を兼ね備えています。

ですから、どのWi-Fiを選ぶのかはその人次第!の一言に尽きます。

イッテQをよく見ていて、芸人イモトが大好きだからイモトのWiFiを選ぶのもアリだと思います。笑

 

が、それでも、どうしても迷ってしまうからどれを選べば良いのかわからん!!という人は、やはりグローバルWiFiを選びましょう。

レンタルワイファイの中でもトップクラスの信頼と実績を誇っていますので、間違い無いはずです。

 

グローバルWiFiをレンタルする方はこちら!



 

 

 

おわりに

さて、今回、レンタルWiFi主要3社、すべて実際に自分で試してみたのですが、

何度も書いているように、これはあくまでも、2018年初頭にニュージーランド旅行をした際の実験結果です。

当然時間の経過とともに状況は変わってきますし、今回このランキング結果になったのも偶然であるだけかもしれません。

ですから、この結果だけで「使いやすいWi-FiはグローバルWiFiだ!」と決めつけてはいけないと思いますし、決めつける気もありません。

というわけで、今後私も海外旅行へ行く際は、可能な限りたくさんのWi-Fiをレンタルして、その都度調査していこうと思います。

また、機会があればこちらの記事で最新情報を追記という形で更新していく予定です。

長めの文章でしたが、最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

海外旅行・留学へ行く人におすすめの英語教材

英語ペラペラになって海外旅行・留学へ行きたい人にオススメなのが、

「話す・聴く」に特化した英語学習アプリスタディサプリENGLISHです。


☆スタディサプリENGLISHの特徴

  • 最短2分からできる英会話レッスン
  • 今の英語力が診断できる
  • 3ヶ月以内の効果実感者続々
  • 精密な音声解析による発音の確認が可能!
  • 通学/予約不要のオンライン型英会話サービス
  • 人気ゲーム制作会社が考えたドラマ形式レッスン
  • 全ての機能が7日間無料(→当サイト経由なら30日間無料!)でお試し可能

以上のような特徴があります。

私も毎日、出勤途中の電車でリスニング・ディクテーションをしたり、寝る前にスマホのマイクに向かって英語を発話して、英語学習に励んでいます。

他人と接することなく、英語の「スピーキング」と「リスニング」を磨くことができるので、コミュ力が無い私にはぴったりのアプリです。笑

 

☆まずは1か月間無料でお試し体験!

月額980円、年額9,800円ですが、最初は無料でお試し体験ができます。

また、通常のお試し期間は1週間と短いのですが、当サイト経由で以下のキャンペーンコードを利用すれば、1か月間、無料体験できます。

キャンペーンコード: TRY2016

 

1か月以内でしたら、途中で解約してもお金がかかりませんので、試しに登録して使ってみてくださいね。

 

\キャンペーンコードを忘れずに/

スタディサプリENGLISHを無料体験してみる!

 

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【大学生向け】海外旅行でおすすめのクレジットカードは?【卒業旅行】

【穴場】ゴールデンウィーク海外おすすめ旅行先!【2018年版】

いつ買えば安い?海外航空券を購入するタイミングを検証してみた。

【予算別】卒業旅行(海外)おすすめランキング!【2018-2019年版】

海外旅行に全く英語ができない・話せない状態で行っても大丈夫か

一人旅が不安な人へ。海外旅行の心得6カ条。