ベトナム・メコン川クルーズ体験記!やっぱり現地ツアーが一番楽かも

ベトナム・ホーチミンへ旅行に行くのであれば、まず間違いなく観光スポットとして候補に挙がってくるのがメコン川を舟で下るクルーズ・ツアーでしょう。

メコン川クルーズの魅力は、現地の人々がどのような生活をしているのかを垣間見ることができる、というのが一番だと個人的に思います。

決してイタリアのヴェネツィアのような、優雅で美しい景色が広がるわけではありません。

むしろ逆で、汚くて生々しい光景を目の当たりにすることになります。

ですが、クルーズを通じて現地の人々が強く逞しく楽しそうに生活している様子を見ていると、どういうわけかこちらまでパワーを貰えて元気になる、そんな不思議な場所でもあるのです。

この記事では、私自身が体験したメコン川クルーズの旅行記を写真付きで記し、最後にチラッとおすすめの現地ツアーを紹介していこうと思います。

なるべく短めに書いていくつもりですのでどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

そもそもメコン川ってどんな川?

メコン川は、中国・チベットを源流とするアジアで7番目に長い川です。

中国をスタート地点とし、ミャンマー・ラオス・カンボジア・タイ・ベトナムへと下っていきます。

どの国においても、川のほとりで生活する人々にとっては生活用水・農業用水として欠かせない存在であり、ミャンマー・ラオスの国境や、ラオス・タイの国境といった役割も果たしています。

長さが4000kmを超えるほどの超巨大な川ですから、当然下流へいくのに従って川はどんどん濁っていきます。

中国のチベットにある上流部は間違いなく澄んでいて美しいはずですが、やはりラオスやカンボジア、ベトナムといった下流域のメコン川が世界的に有名ですので、どうしてもイメージ的にはメコン川=汚い川というイメージがついてしまっていますね。

これから紹介していくベトナムのメコン川についても、まさしく汚い!というイメージそのものの川です。

たしかに、中国・ミャンマー・タイ・ラオス・カンボジアといった国の人々が思いっきり活用してきた川が流れてくる、その最終地点がベトナムですから、ある意味汚くて当然なのです。

 

 

 

 

メコン川クルーズへ行ってみました。

私もベトナムに行く機会があったならば、是非ともメコン川クルーズを体験してみたい!と常々思っておりました。

で、先日ベトナムのホーチミンを訪れる機会に恵まれましたので、「これはチャンス!」と息巻いてメコン川クルーズに参加してみたのです。

たまたま私が宿泊したホテルのフロントで、ツアーの予約・受付を行っていたので、どんなツアー会社か不明だったのですが時間も無かったので予約し、次の日早速ツアーに参加することに。

ちょっと高級なツアーだったようで、参加費は100ドルでした。ちなみにベトナムでこの価格はめちゃくちゃ高いです。

 

で、ツアーの流れとしては、車・バスでホーチミンからミトーというメコン川付近の街へと移動し、そこからクルーズスタート!という感じです。

ホーチミンからミトーまでは1時間半くらいで着きます。

 

私が乗った船はこちら。

参加者は4名で、さすが高いツアーだけあって一人一人のスペースが広く、なんとも贅沢な空間でした。

 

クルーズからの眺めは、新鮮というか衝撃というか、現地の人々の生活が丸見えで、なんとも面白かった。

こうやって見ていると、川で洗濯をしている人や、商売をしている人がいて、本当に川と共に生きているんだな~というのがひしひしと伝わってきます。

 

こういう、川の上に建っている家もたくさんあります。氾濫したらどうするんだろう・・・。

本当にこういうところで生活していると、川があって当たり前、川と一緒に生きるのが普通、という感覚なんでしょう。まさしく異文化を見ている気分。

 

ツアーの途中で、ココナッツキャラメルの製造工場も見学しました。これも、きっとどのツアーにも含まれているはずです。

 

昼食は、ベトナム料理・メコン川料理のコースのようなものでした。

どれも美味しかったのですが、一つだけかなり印象的だった割りにそこまで美味しくなかった料理がこちら。

エレファントイヤー・フィッシュです。

文字通り、象の耳のように平べったくて大きな魚です。ここらへんでは貴重なタンパク源とのことでしたが、正直そこまで美味しい!という味ではありませんでした。(笑)

 

ベトナムで有名なビール、333も勿論飲みましたよ!

 

ツアーは、半日で終わります。

ホーチミンから日帰りも余裕なので、1日時間を作ることができれば誰でも簡単にメコン川クルーズできますね。

 

 

 

 

メコン川のおすすめ現地ツアー

私が参加したホテルのツアーは、英語のガイド付きツアーで、どちらかというとヨーロッパ圏の人向けのツアーでしたので、正直あまりおすすめできません。(値段も高いし)

日本人向けのツアーですと、JTBやHISなど大手の会社がツアーを組んだりしていますが、VELTRAが安定だと思います。種類が多く、料金も安い。

VELTRAは、現地の会社が敢行しているツアーをただ斡旋しているだけの場合が多いのですが、どこの国・地域のどのツアーに参加しても、安定度・安心感マックスなので心配する必要は無いと思います。

VELTRAを通じてメコン川クルーズに参加している日本人も非常に多く、口コミもホームページにたくさん書いてありますので、不安な方は一通り目を通すと良いかもしれません。

 

 

 

 

おわりに

今回はメコン川クルーズに焦点を当てて体験記を書いてみました。

ベトナム旅行へ行く人で、メコン川クルーズに参加しようかな~と迷っている人の参考になれば幸いです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

海外旅行・留学へ行く人におすすめの英語教材

英語ペラペラになって海外旅行・留学へ行きたい人にオススメなのが、

「話す・聴く」に特化した英語学習アプリスタディサプリENGLISHです。


☆スタディサプリENGLISHの特徴

  • 最短2分からできる英会話レッスン
  • 今の英語力が診断できる
  • 3ヶ月以内の効果実感者続々
  • 精密な音声解析による発音の確認が可能!
  • 通学/予約不要のオンライン型英会話サービス
  • 人気ゲーム制作会社が考えたドラマ形式レッスン
  • 全ての機能が7日間無料(→当サイト経由なら30日間無料!)でお試し可能

以上のような特徴があります。

私も毎日、出勤途中の電車でリスニング・ディクテーションをしたり、寝る前にスマホのマイクに向かって英語を発話して、英語学習に励んでいます。

他人と接することなく、英語の「スピーキング」と「リスニング」を磨くことができるので、コミュ力が無い私にはぴったりのアプリです。笑

 

☆まずは1か月間無料でお試し体験!

月額980円、年額9,800円ですが、最初は無料でお試し体験ができます。

また、通常のお試し期間は1週間と短いのですが、当サイト経由で以下のキャンペーンコードを利用すれば、1か月間、無料体験できます。

キャンペーンコード: TRY2016

 

1か月以内でしたら、途中で解約してもお金がかかりませんので、試しに登録して使ってみてくださいね。

 

\キャンペーンコードを忘れずに/

スタディサプリENGLISHを無料体験してみる!

 

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

シンガポール旅行に必要な日数と費用は?安い時期はいつ?

孤独のグルメ・台北編で五郎さんが行ったお店に実際に行ってみた。

フィンランド旅行記 (ヘルシンキ・ロヴァニエミ・サーリセルカ)

マチュピチュ旅行記(行き方・注意点・美味しい食事など)

アンコールワットへの行き方とおすすめ現地ツアーまとめ。