世界一周のルート作成と費用が計算できるツールを見つけたよ!

世界一周のルートを作れて、簡単に費用を計算してくれる。そんな神アプリ…。

誰か作ってください。お願いします。(他力本願)

たぶんそのうち、天才アプリ開発者が作ってくれることでしょう。

その日を信じて待っています。

 

 

とはいえ、信じて待っているだけでは現状は何も変わらないので

どうにかしてルート作成や費用見積をできる「世界一周ルートメーカー」なるものは無いのかな~?と、考えてみました。

 

そしたら、そういうツールが既にあったんです。見つけました。

 

というか、自分がかつて世界一周をしたときに思いっきり利用していました。

すっかり忘れてた。

 

 

それはズバリ、

スターアライアンスワンワールドが取り扱っている世界一周航空券のルート作成ページです。

 

私がかつて世界一周をどんなルートにしようか、と悩んでいるとき、スターアライアンスのツールを利用して、色々なルートを作成してはニヤニヤしながら妄想していたことを思い出します。

利用できる航空会社に制限があるため完全なものではありませんが、かなり便利で参考になるツールなので、世界一周をしようと考えているのであれば、これを利用しない手はありません。

 

というわけでこの記事では、世界一周ルート作成ツールの使い方と、費用の計算方法について、私なりのやり方を解説していこうと思います。

長くなりますが、興味のある方はどうぞ最後までお付き合いくださいまし。

 

 

 

 

世界一周のルート作成方法

大前提として、ルート作成ツールはパソコンを使ってやったほうがいいです。

スマホやタブレットでも出来ないことはないですが、操作性が悪くてきっとストレスが溜まります。

 

で、まずは二大アライアンスであるスターアライアンス(ANA系統)ワンワールド(JAL系統)を選んでいただく必要があります。

 

主にスターアライアンスの航空会社(ANAやユナイテッド航空、シンガポール航空など)を利用する場合は、スターアライアンスの世界一周ルート作成ページへ飛び、「新しい旅を始めます」というボタンをクリック!

スターアライアンスの世界一周ルート作成ページ

 

 

で、主にワンワールド(JALやアメリカン航空、ブリティッシュエアウェイズなど)を利用する場合は、ワンワールドの世界一周ルートページで作成してみてください。

ワンワールドのルート作成ページ

 

「どこの航空会社を使うか決まってないよ!」という人は、とりあえずワンワールドのルート作成ツールを利用しましょう。

そっちの方が使いやすく、見やすいからです。

 

というわけで次からは、ワンワールドのホームページでルート作成をする場合の例を見ていきましょう。

 

ワンワールドでルート作成する場合の例

まずはこちらのページにジャンプしていただき、エコノミークラス・ビジネスクラス・ファーストクラスの選択と、人数を選んで、新しい旅程の作成を開始というボタンを押します。

 

 

次に「ここをクリックして開始」というボタンをクリックすると、次のような世界地図が出てきます。

 

 

ここからは直感的にわかると思いますが、一応ルート作成の例をお見せします。

 

まず出発地に東京を選択(クリック)。

 

 

2カ所目に選ぶ場所で、東廻りか西廻りかが決定します。

今回は西廻りということで、最初の国として香港を選択してみます。

 

 

このような流れで、行きたい国・地域を次々と選んでいくと、最終的にこんな感じになります。

今回の仮ルートでは、

東京→香港→ムンバイ→ドーハ→ローマ→バルセロナ→ニューヨーク→サンフランシスコ→東京

という風にしてみました。

 

 

で、ここからが重要なポイントなので覚えておいてほしいのですが、

たとえばローマからバルセロナまでは、陸路(鉄道)でのんびり旅を満喫したいな~なんていうパターンもあるかもしれませんよね。

その場合は、右側にあるリストの「陸路区間の作成にはボックスにチェックを入れてください」との注釈がありますので、陸路移動開始地点のローマにチェックを入れておきます。

こうしておけば、ローマ-バルセロナ間の分の世界一周航空券は除外され、自分自身の力で(自己手配で)移動することになります。

世界一周航空券のデメリットの一つに「自由度が無い」というものがありますが、この機能のおかげで旅の自由度はグッと上がります。

 

 

さて、ルートを作り終えたら、「フライトの選択に進む」をクリックして、次のステップへと進みます。

 

次の画面では一つ一つのフライトを選択することになります。

「何月何日に、どの航空会社の、何時発の便に乗るか」というのを決めなくてはなりません。

フライト選択画面

え、今決めなきゃいけないの?」と思うかもしれませんが、まぁ今回はルート作成と、ざっくりとした費用を知ることが目的なので、そこまで神経質に決める必要はありません。

「だいたいこのくらいの時期にこの辺にいて~…」みたいな軽い感じで、フライトを選択してみてください。

フライト選択画面

 

 

全て選び終わったら、「旅程の運賃を計算」をクリックします。

 

この時点で、選び終えたフライトの合計金額が表示されます。

フライトの合計金額

 

今回は約40万円となりました。

これが高いのか安いかどうかはわかりませんが、一つの目安にはなると思います。

 

 

で、ここから先へ進むといよいよ予約!となるのですが、

今回のテーマは世界一周のルート作成と概算費用の見積もりですので、この時点で目的は達成となりますね。

 

 

ちなみにここまでのデータ(ルートと費用)はPDFで保存することも可能です。

 

以上がワンワールドを利用した世界一周ルート作成の方法となります。

 

 

 

スターアライアンスでルート作成する場合

スターアライアンスの方も、ルート作成の要領は同じです。

大変申し訳ありませんが、めんどくさいので省略させていただきます。

 

基本的にはワンワールドのやり方と同じだし、実際に触ってみれば直感的に操作方法もわかると思います。

どうしてもやり方が知りたい!という方は、以前このブログで「世界一周航空券を使って留学&世界一周してみました。」という記事を書いたことがありますので、そっちを参考にしてみてください。

私は大学生の頃、アメリカ・カリフォルニア州のとあるド田舎に留学した経験があります。 成田空港からロサンゼルス国際空港(LAX)まで、片道約...

 

ただ、当時と今では作成画面の仕様が変更してしまっているようで、今のバージョンを見てみると地図の画面が小さくてめちゃくちゃ使いづらいので、ただルートを作りたいだけの場合は、やはりワンワールドの方をオススメします。

 

 

 

 

世界一周の費用見積について

よく、世界一周の費用ってどう計算すりゃいいんだ!?という声を聞きます。

とはいっても、こればかりは一概に「これ!」という基準が存在しないため、自分で計算していくしかありません。

一つだけ言えるのは、世界一周において一番お金がかかるのは、紛れもなく「航空券代」です。

その航空券代だけでもわかれば、あとは他の要素を足していくだけなので案外あっさりと旅費を導き出せるかもしれません。

 

試しに、さきほどの見積もりを用いて世界一周の費用を計算してみましょう。

 

世界一周費用計算の例(ざっくり)

さきほど作った日程は、12月1日に出発し、1月8日に帰ってくる、39日間の弾丸旅行となります。

航空券代が約40万円だということが既にわかっていますから、あと必要になるのは

  • 出発前の準備金
  • 宿泊費
  • 食費
  • 観光費(入場料やお土産代など)
  • 細かい移動費(バスや鉄道など)
  • その他諸費(保険やビザなど)

こんなところですかね。

これらを即興でかなり大雑把に概算してみましょう。

 

※めんどくさいので日本到着日を除いて、すべて38日分で計算しちゃいます。

  • 準備金10万円(カメラとか薬とか衣類とか雑貨を買う)
  • 宿泊費 1泊5,000円×38泊分=19万円
  • 食費 1日3000円×38日分=11万4000円
  • 観光費 1日2000円×38日分=7万6000円
  • 細かい移動費 1日1000円×38日分=3万8000円
  • その他諸費 10万円

・・・以上合計 51万8000円

 

で、忘れちゃいけないのが、ヨーロッパは陸路で移動するわけですから、そこんとこの周遊料金もプラスしておきましょう。

当サイトで散々ディスってきたレイルヨーロッパ様ユーレイルセレクトパス(4か国分)58,800円と格安のお値段だったので、それを使うことにします。

ちなみにセレクトした国はイタリア・ドイツ・フランス・スペインです。(どうでもいい)

 

 

というわけで航空券代40万円諸経費51万8000円

そして周遊券の58,800円を合計すると…

 

97万6800円 となりました。

 

 

この計算でいくと、約100万円で世界一周が出来る!というわけですね!

 

たった1か月ちょっとで100万円って使い過ぎな気もしますが、ここらへんは個人の裁量でうまいこと節約していってください。

 

とにもかくにも、費用の計算をざっくりとしたい場合は、以上のような手順でやると簡単にできます。

ぜひとも参考にしてみてくださいね。

 

 

 

 

これまでの作業にかかった時間

ルート作成が20分くらい

費用の計算が10分くらい

合わせて30分程度です。

あっという間に出来てしまいます。

しかも簡単です。

 

もちろん、私の場合は妄想でルートを作成しただけなので気軽に一瞬で作れたというのがデカいですね。

実際、初めての世界一周のときは、ルート作成機能を利用して何十回もルートを作ってはやり直し、作ってはやり直し、最終的に2か月くらいかけてルートを作成した記憶があります。(笑)

 

ここまで読んでいただいた方にはわかると思いますが、ルートが決まってくれば自ずと費用も決まってきます。

そう、つまり世界一周は、行きたい国の選定とルート作成からスタートするのです!

 

 

 

 

おわりに

今回は世界一周のルート作成をするツール(アプリもどき)を使って、実際にルート作成の例と費用の計算の仕方を書いてみました。

世界一周って、計画の段階からドキドキしますよね。

特にルートを作成するときのワクワク感は半端じゃありません。

「世界一周のルートってどうやって作ればいいんだ?」と悩んでいる人は、ぜひともワンワールドやスターアライアンスのルート作成ツールを存分に利用してみてください!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

世界一周で行ってよかった国・イベント・観光地ランキング!

海外旅行の時にやたらと使う英語フレーズ集

ミュンヘンのビアホール「ホフブロイハウス」に男一人で行ってみた。

アメリカの長距離バス「グレイハウンド」に気をつけて!

世界遺産「サグラダ・ファミリア」に行きたくなる画像 30選!

いつ買えば安い?海外航空券を購入するタイミングを検証してみた。