トルコの一人旅は男女問わずあまりオススメしない理由。

最初に断っておくと、トルコ自体は素晴らしい国です。

それは紛れもない事実。

イスタンブールをはじめ、カッパドキアやパムッカレなど、本当に魅力的で美しい景色が多く、観光するにはもってこいの国です。

 

ただ、ひとり旅をするのはあまりオススメしません。特にイスタンブール

理由は、やたらと声をかけられてめんどくさいからです。

 

私もかつて一人旅でトルコを観光したことがあるのですが、街を歩いていると50メートルごとくらいに話しかけられて、ちょっとでも油断すると「ジュータン買わない?」とか勧誘される始末。

本当にめんどくさいです。もう二度と一人では行きたくない国ナンバーワン。

 

その反面、今になって冷静に考えてみると、もう少し気持ちの余裕と予備知識があれば、ひとり旅でも充分に楽しめたな~という思いもあります。

 

そこでこの記事では、まず初めに私がトルコ一人旅をおすすめしない理由を挙げ、それを踏まえた上でトルコ一人旅を楽しむ方法と、最後に費用がどれくらいかかるのか、ということを書いていきます。

 

すべて私の経験に基づくものなので、絶対的なものではありません。

むしろ偏見にまみれているので信じない方がいいです。笑

あくまでも一個人の偏った意見として読み流していただければと思います。

 

 

 

 

トルコひとり旅をオススメしない理由

最初に書いちゃいましたが、もう少しだけ詳しく書いていきます。

私がトルコの一人旅をおすすめ理由しない理由は、2つです。

一つは、客引きや勧誘がうるさいから

そしてもう一つは、治安があまりよろしくないからです。

 

順に説明していきます。

 

理由① 客引き・勧誘がウザイから

冒頭に書いたとおりです。

具体的な話をすると、イスタンブールのスルタンアフメト地区という、ブルーモスクやアヤソフィアなどがある歴史地区で歩いていると、たいてい現地のトルコ人に日本語で「ハイ、元気?」とか「ドコ行クノ?」とか「ドコカラ来タノ?ヒトリ?」とか、とにかく次から次へと話しかけられます。

この程度だったら観光地ではよくあることなので、当然全スルーですが、一息つこうと広場のベンチに座っている時でさえも「絨毯買ウカイ?」なんて話しかけられますから、全然落ち着かない

話かけてくる人はたいてい悪質な客引きや詐欺師ですから、相手にしないのが一番です。

よくある手口としては、まず「ニーハオ」「アニョハセヨ」「コンニチハ」と日中韓の言葉で適当に話しかけてきて、日本人だとわかった途端に流暢な日本語で話しかけてきます。

最初は他愛の無い話から入りますが、最終的には「じゅうたん」や雑貨を買わされるか、クソ高いツアーをオススメされるかのどちらかです。

女性の場合だと人気のないところに連れていかれて性犯罪に巻き込まれることだってあるようです。

 

 

理由② 危険だから

トルコの治安地図。外務省【海外安全ホームページ】より

こちらは取ってつけたような理由になりますが、トルコは決して治安が良いと言えるような場所ではありません。

外務省の海外安全ホームページによると、シリアとの国境にあたるトルコ西部の危険度は危険レベル3~4(退避勧告・渡航中止レベル)、そして国際都市イスタンブールや首都アンカラは、危険レベル1(十分な注意が必要なレベル)となっています。

さすがにシリアとの国境付近まで観光に行く人はいないと思いますので問題無いと思いますが、イスタンブールもレベル1となっていますので決して油断はできません。

海外旅行に不慣れな人が、何の警戒も準備も無く独りで行った場合、詐欺や窃盗・強盗といった犯罪に巻き込まれる可能性があります。

 

 

 

 

それでもトルコに一人で行きたい!どうすればいい?

上に書いたことをしっかりと理解しているのであれば、普通に一人で行っても問題無いと思います。

なぜならここまでの内容は、あくまでもトルコに対する私怨の混じった個人的な見解であり、ひとり旅でトルコに行って良かった!という人もたくさんいるからです。

むしろそういう人の方が多いです。ネットで探せばトルコ一人旅たのしー!みたいなブログをたくさん見かけます。

 

ただし、私の体験談と意見を読んで、「え~それなら迷うな~どうしようかな~」なんて考えちゃった人も少なからずいるかもしれません。(悩ませてしまってごめんなさい。)

そんな人におすすめするのが、現地で同じように一人旅をしている人を見つけて、友達になることです。

一人旅慣れしている人なら「そんなの常識でしょ!」と言うかもしれませんが、私のようなコミュ障にとっては意外とそれが難しい。

ですから、旅人が多く集まる場所へ積極的に赴くことが重要になってきます。

 

具体的には

 

  • ユースホステルやゲストハウスに泊まる。
  • 現地ツアーを利用する。
  • トリッピースなどの旅行系SNSを利用し仲間を募る。

 

こんなところでしょうか。

 

もしくは、日本発着の「一人旅ツアー」なるものに参加してみるのもアリかと思います。

旅工房というサイトで、トルコ一人旅という特集ページが組まれています。

空席を確認することや、無料でアレンジを希望することもできますので、気になる方はまずは問い合わせてみると良いでしょう。

 

 

 

 

トルコ一人旅にかかる費用(旅費)

最後に、トルコで一人旅をする場合の予算について考えてみましょう。

 

これは完全に行く時期によるのですが、仮に旅行日数を5日間で、ターキッシュ・エアラインズを利用して成田から一人で行く場合を想定して算出してみます。

 

たとえばゴールデンウィークや夏休み、年末年始といった繁忙期に行く場合は25万円~30万円くらい

平日の空いている時だと15万円~20万円くらい

 

以上のような感覚で見積もれば良いかと思います。

宿泊費や航空券代など、時期や個人の裁量によって大きく変動しますので、あくまでも目安と捉えていただければ幸いです。

 

 

 

 

おわりに

本文中で散々「話しかけてくる奴は信用するな」と書いておいて今更ですが、トルコ人は結構親切な人が多いです。

スルタンアフメト地区で話しかけられた時は全部が勧誘・客引きでしたが、ホテルの場所がわからずに住宅街をさまよっていると、近隣住人のトルコ人親子が親切に道案内をしてくれたことが非常に強く印象に残っています。

都会は罠が多く、田舎は親切な人が多いというのがトルコの印象。(日本も同じか?)

もしこの文章を読んだうえで、それでもなおトルコに一人旅に行くんだ!というのであれば

決して警戒心を解くことなく、かといって固くなり過ぎずに旅をするのが良いかと思います。

海外旅行・留学へ行く人におすすめの英語教材

英語ペラペラになって海外旅行・留学へ行きたい人にオススメなのが、

「話す・聴く」に特化した英語学習アプリスタディサプリENGLISHです。


☆スタディサプリENGLISHの特徴

  • 最短2分からできる英会話レッスン
  • 今の英語力が診断できる
  • 3ヶ月以内の効果実感者続々
  • 精密な音声解析による発音の確認が可能!
  • 通学/予約不要のオンライン型英会話サービス
  • 人気ゲーム制作会社が考えたドラマ形式レッスン
  • 全ての機能が7日間無料(→当サイト経由なら30日間無料!)でお試し可能

以上のような特徴があります。

私も毎日、出勤途中の電車でリスニング・ディクテーションをしたり、寝る前にスマホのマイクに向かって英語を発話して、英語学習に励んでいます。

他人と接することなく、英語の「スピーキング」と「リスニング」を磨くことができるので、コミュ力が無い私にはぴったりのアプリです。笑

 

☆まずは1か月間無料でお試し体験!

月額980円、年額9,800円ですが、最初は無料でお試し体験ができます。

また、通常のお試し期間は1週間と短いのですが、当サイト経由で以下のキャンペーンコードを利用すれば、1か月間、無料体験できます。

キャンペーンコード: TRY2016

 

1か月以内でしたら、途中で解約してもお金がかかりませんので、試しに登録して使ってみてくださいね。

 

\キャンペーンコードを忘れずに/

スタディサプリENGLISHを無料体験してみる!

 

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ポルトガルの首都「リスボン」を観光したくなる写真・30選!

ヨーロッパ旅行に格安で行く方法まとめ。安い時期はいつ?

今、ヨーロッパ旅行に行くのは危険…?テロに合う可能性は?

レイルヨーロッパは手数料が高い?ヨーロッパの鉄道予約は自己手配がオススメ!

圧倒的な迫力!ドイツの世界遺産「ケルン大聖堂」へ行ってきました。

フィンランド旅行記 (ヘルシンキ・ロヴァニエミ・サーリセルカ)