サンフランシスコ観光に必要な日数・費用とおすすめのスポットは?

アラモ・スクエア

アメリカ西海岸おすすめ観光地ランキングベスト5という記事でも紹介したとおり、私がアメリカ西海岸の都市で一番オススメするのが、「坂の街」サンフランシスコです。

 

おすすめの理由として、楽しめる観光スポットが圧倒的に多いことや、レンタカーなどを借りなくても狭い範囲で充分に観光を完結させることができること、などが挙げられます。

 

ただ、狭い範囲とは言っても、「1日,2日で全てを周りきれるか」と問われれば、その答えは「No」となってしまいます。

 

サンフランシスコの主要観光スポットをざっくり箇条書きにしていくと

 

  • ゴールデンゲートブリッジ
  • フィッシャーマンズワーフ(ピア39、ギラデリスクエア等)
  • アルカトラズ島
  • アラモスクエア
  • ロンバートストリート
  • コイトタワー
  • ケーブルカー

 

などなど、挙げ始めればキリがありません。

 

細かい場所までピックアップしてしまうと、1週間あっても足りない可能性があります。

サンフランシスコ観光に日本から行くのであれば、たいていの人はそこまで多くの時間を取れない場合がほとんどです。

 

そこでこの記事では、サンフランシスコ観光へ行く場合、どのくらいの日数・時間が必要となるのか、また、旅費・予算はいくらくらいになるのか、そして、時間が無い人のために、効率良くサンフランシスコを観光するための観光スポット優先順位を紹介していくことにします。

 

 

 

 

サンフランシスコ旅行に最適な日数は?

ゴールデンゲートブリッジ

ズバリ、3泊4日がベストであると断言しましょう。

というのも、3泊4日もあれば、最初に羅列した主要観光スポットを全て網羅することが可能だからです。

2泊3日でも全て行けることには行けるのですが、日程的にかなりキツキツなスケジュールになってしまいます。

もちろん、4泊5日でも5泊6日でも、多い分には何の問題も無いと思いますが、3泊4日より日数が少なくなってしまうと、ちょっともったいないかな…?と感じたため、3泊4日がベストであると判断させていただきました。

 

 

 

 

サンフランシスコ旅行の旅費はいくらになる?

フィッシャーマンズワーフ

残念ながらこれに関しては時と場合による!としか言いようがありません。

たとえば、ゴールデンウィークや夏休み、年末年始に行こうとすれば航空券代はものすごく高くなってしまいますし、アメリカ側のイベント(独立記念日など)や為替によって、ホテル代なども大きく変動してしまうからです。

 

以上のことを踏まえた上で、あくまでも目安となる旅費を算出させていただきますと…

3泊5日約20万円となります。

 

モデルケースとしては、年末年始の12月28日~12月31日の4日間、羽田-サンフランシスコをANAの往復で一人旅行(全て自己手配、航空券は2か月前に予約)した場合の概算となります。

 

航空券代:往復15万円

ビザ(エスタ)代:約1,500円

宿泊費:8000円×3泊=24,000円

海外旅行保険:5,000円

食事代:1回1,000円×10食=10,000円

諸費用(観光費・移動費など):1日5,000円×3日分=15,000円

合計…計20万5500円

 

だいぶ適当な計算で申し訳ないのですが、ざっくりとこんな感じです。

 

ひとり旅で、ユースホステルなど安い宿に宿泊する場合は、宿泊費はもっと削れますし、お酒などを飲んだり美味しいものをたくさん食べたい!という人であれば、食事代はもっと高くなるでしょう。

 

一番ネックとなるのは当然ですが航空券代です。

これを如何に抑えるかで、旅費は大きく変わってきます。

航空券を購入するタイミングについては、以下の記事で詳しく解説していますので参考にしてみてくださいね。

飛行機を利用する旅行(主に海外旅行)において、一番気になるのが航空券の価格です。 果たして何か月前に買うのが一番安いのか?1か月前...

 

 

 

 

時間が無い人のための観光地おすすめランキング

アルカトラズ島

最適な日数は3泊4日がベストである!と断言させていただきましたが、

もし日本から連休中にサンフランシスコ旅行へ行くとなると、最低でも5日間の休日が必要になってしまいます。

学生ならまだしも、社会人の場合、5連休を取るというのはなかなか難しいという方も多いでしょう。

そこで、時間が無い人でも効率良く観光してもらうために、サンフランシスコ観光スポットの優先順位なるものを作成してみました。

ちなみにこの優先ランキングは、私自身の経験による独断と偏見ですのでご了承ください。

 

サンフランシスコ観光スポットの優先順位!

1位 ゴールデンゲートブリッジ

2位 フィッシャーマンズワーフ(ピア41、ピア39など)

3位 アルカトラズ島

4位 ケーブルカー

5位 ユニオンスクエア

6位 ツインピークス

7位 アラモスクエア

8位 コイトタワー

9位 ロンバートストリート

10位 チャイナタウン(中華街)

 

1位と2位は、たとえ日帰りであろうとも絶対に行くべき場所

3位~6位は、2日以上観光できるのであれば是非とも行ってほしい場所

そして7位~10位は、時間があれば行ってもいいけど、そんなに重要ではない場所

 

といったところでしょうか。

 

まずゴールデンゲートブリッジは絶対です。自転車を借りて、サイクリングしてみてください。

また、フィッシャーマンズワーフでクラムチャウダーをはじめとした美味しい魚介類を食べることも忘れずに。

そして、アルカトラズ島はフィッシャーマンズワーフから比較的近いので、船にのって足を運んでみてください。

時間に余裕があれば、ユニオンスクエア付近でショッピングをするのも良いでしょう。

 

6位以降は、どちらかというと写真映えするようなフォトジェニックのスポットなので、そういうのに興味が無い人は行かなくてもいいかもしれません。

チャイナタウンは、はっきり言って行かなくていいです。日本人であれば横浜中華街で充分だと思います。(笑)

 

 

 

 

サンフランシスコでおすすめの宿は?

最後に、サンフランシスコに行く際におすすめのモーテルをご紹介します。

 

正直いって、サンフランシスコ市内は宿泊費がめちゃくちゃ高いです。

なので、宿泊費をなるべく抑えたい方には、サンフランシスコ市内のホテル・モーテルはオススメしません。

 

実は穴場スポット的な場所が、サンフランシスコの隣のオークランドという都市。

電車に乗れば15分~20分くらいでサンフランシスコの中心まで行くことが出来る上に、宿泊費も安いのでかなりオススメです。

 

私が実際に泊まったのは、オークランドのインペリアル イン オークランドというモーテル。

2人で3泊して、約28,000円だったので、一人当たり1泊4600円くらいでした。

一人の場合はサンフランシスコ市内のユースホステルやゲストハウスで良いかもしれませんが、2人以上でホテル・モーテルに泊まりたい場合はオークランドという選択肢もありますので、覚えておくと良いかもしれません。

ちなみに、私が泊まったインペリアル・イン・オークランドの近くにBeauty’s Bagel Shopというレストランのベーグルがめちゃくちゃ美味しかった記憶がありますので、インペリアルに泊まる際はぜひ訪ねてみてください。

 

 

 

 

まとめ

今回は、サンフランシスコ旅行をする際に必要となる日数・費用、おすすめスポットと宿を、私自身の経験をもとに書かせていただきました。

書きたいことをただただ連ねていっただけなので、支離滅裂で意味不明な文章になってしまったことをお詫びします。

 

要点をまとめると、

 

  • サンフランシスコは3泊4日くらいがベストだよ!
  • 費用は20万円くらいを目安に考えて!
  • 時間が無いならとりあえずゴールデンゲートブリッジとフィッシャーマンズワーフだけ押さえとけ!
  • 宿はオークランドが穴場だぞ!

 

以上の4点だけ覚えていただければ、と思います。

乱文でごめんなさい。最後まで読んでいただきありがとうございました!

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

アメリカ砂漠地帯の街『サンバーナーディーノ』ってどんな場所?

【予算別】卒業旅行(海外)おすすめランキング!【2017-2018年版】

ナイアガラの滝の行き方。おすすめはレンタカーor現地ツアーだよ!

アメリカにある『死の湖』ソルトン湖へ行ってみた。

アメリカのブラックフライデーとは何か。実際に体験してみた。

アメリカのパーティで日本人が人気者になる方法