【年越し】年末年始おすすめ海外旅行先まとめ【お正月】

「年末年始、お休みどれくらい取れますか?」

 

この問いに対する答えは、まさしく千差万別。人それぞれだと思います。

 

人によっては、12月30日~1月3日の5連休という人もいれば、正月休みなんかねぇよ!という人もたくさんいるでしょう。

なかには1週間以上休みを取れるよ!なんていう羨ましい人もいるかもしれません。

 

あなたがこの記事を開いたということは、年越しの瞬間やお正月、あるいはクリスマス時期を海外で過ごそうかな~と考えているからだと思います。(違ったらごめんなさい)

 

そこで今回は、かつて世界一周を経験し、海外で年末年始を過ごしたことのある私自身の経験を踏まえて、年末年始に過ごすおすすめの海外旅行先(国・地域)を紹介していきます。

あんまり多過ぎても逆に困らせちゃうかもしれないので、5か国くらいに絞ります。

ぜひとも年末年始旅行プランの参考にしてみてください!

 

 

 

 

①ニューヨーク

まずは世界一の大都市・アメリカ「ニューヨークです。

年末年始の賑わいはまさしく世界最大級といっても良いでしょう。

私自身、数年前にニューヨークでクリスマスと年越しを過ごしたことがありますが、今でも強烈に印象に残っています。

クリスマスであれば、ロックフェラーセンターのクリスマスツリーユニオンスクエア・ブライアントパークのクリスマスマーケットでショッピングを。

年越しは、言わずと知れたタイムズスクエアの年越しカウントダウンといったスーパービッグイベントがありますね。

もちろん、ブロードウェイセントラルパークといった他の観光地も見逃すことはできません。

ニューヨークほどの大都市ですと、JTBやHISなどのツアーも盛りだくさんなので、要チェックです。

タイムズスクエア・年越しカウントダウンに個人で行ってみたい!という方は、解説記事を書きましたのでそちらを参考にしてみてください。

アメリカ・ニューヨークシティのタイムズスクエアで毎年行われる、年越しカウントダウン。 世界で一番盛り上がる年越しイベントの一つとして有名で...

 

 

 

 

②ハワイ

こちらも定番中の定番ですね。

よく芸能人とかが海外で年末年始を過ごすときに引き合いに出されるのがこのハワイです。

 

年末年始にハワイが推奨されるのには勿論理由があります。

東京では12月・1月の平均最高気温は15℃前後、最低気温は6℃前後なのに対し、ハワイでは最高26℃前後、最低が18℃前後です。

朝や夜は多少肌寒く感じますが、日中はポカポカ陽気で日本の春のような心地なのです。

 

オアフ島・ホノルルでは町全体でクリスマスイベント(ホノルル・シティ・ライツ)を開催していますし、ワイキキビーチでは盛大な年越しイベントも行われます。

他にもアロハタワーでの年越しパーティやディナークルーズなんていうものもあります。

もちろん、ショッピングや日光浴などハワイの日常も間違いなく楽しむことができます。

 

日本人にとっては馴染みの場所であり、英語力などもそこまで問われない理想的なリゾート地のハワイ。

家族連れやグループで観光するにはもってこいのところです!

 

 

 

 

③フィンランド

果たして12月・1月のスーパー寒い時期にわざわざ北極圏へ行くのが正しいのかどうか、確証はありません。

が、私自身2016年のクリスマス時期にフィンランドへ行ってきて、大変感慨深く素敵な思い出ができたので、今回おすすめの国として挙げさせていただきました。

 

まず、クリスマスど真ん中(12月24日・25日)にフィンランドへ行くと、街には人っ子一人いません。(笑)

クリスマス時期のヘルシンキ。人が全然いない。

これはフィンランドだけではなくキリスト教徒が多いヨーロッパの国々だとどこも同じような感じなのですが、お店が閉まっていることが非常に多いのです。

フィンランドのヘルシンキに至っては、お店の9割以上が閉まっているような感じです。

 

それでも年末年始にフィンランドをオススメする理由は、航空券代が非常に安いから。

エクスペディアで3か月前くらいに予約しましたが、フィンエア―で往復約8万円という格安料金でした。

もちろん、12月26日以降は普通にお店やレストランも空いていますから、結構お得だと思います。

首都のヘルシンキだけではなく、サンタクロース村のあるロヴァニエミ、オーロラが見れることで有名なサーリセルカなど、見どころはたくさんあります。

年末のクリスマスシーズンに、サンタクロースに会える!というのも非常に素敵な体験だと思いますよ。

フィンランドに関しては当サイトでもいくつか旅行記・行き方などを書いていますので、参考にしてみてください。

前回の記事では、フィンランドでオーロラが見れなかったぜチクショー!的なことを書き綴りましたが、 今回は普通にフィンランド旅行を総括して「旅...

 

 

 

 

④ウユニ

今まで紹介したポイントはどちらかと言うと洗練されたオシャレな都市やリゾート地で、多くの人が訪れそうな場所だったのですが、ここでちょっと視点を変えて、大自然・絶景を堪能するという方向性で考えてみましょう。

 

こちらもありがちな提案で申し訳ないのですが、多くの人が「死ぬまでに見てみたい絶景」と称する南米ボリビアのウユニ塩湖を私はオススメします。

 

というのも、ウユニのいわゆる鏡張りの美しい風景を見られる時期というのが、12月~3月の雨季と限られているからです。

で、なかなか休みが取れない社会人にとっては、そのチャンスは年末年始である12月後半~1月前半くらいしか無いのではないでしょうか。

実際私が年末にウユニ塩湖に訪れた時は、ギリギリではありましたが鏡張りの美しいウユニ塩湖を満喫することができました。

もしも年末年始に1週間以上休みを取れて、経済的にも余裕があるのであり、なおかつ絶景を見てみたい!という方には、私は断然このウユニをオススメします!

ウユニに関する詳しくは次の記事を参考にしてみてください。

この地球上には絶景と呼ばれるものが数多くありますし、この情報化された現代においても、未だに私たちの知らない美しい景色というものはきっとた...

 

 

 

 

⑤シンガポール

これまで紹介したニューヨーク・ハワイ・フィンランド・ウユニだと時間とお金がかかり過ぎる!という人にオススメなのがこのシンガポール。

シンガポール航空を利用すれば7時間程度で、料金もヨーロッパやアメリカに比べると比較的安く済ませることができます。

試しに2017年10月段階で、クリスマス時期とお正月時期の航空券料金を調べてみると、往復5~7万円台くらいの価格でした。

もっと早く予約をしたり、あるいは旅行会社のパッケージツアー等を利用したりすれば、もっと安い値段で行くことができるはずです。

シンガポールで年末年始を過ごす場合、なんといっても魅力的なのは街中を彩る幻想的なイルミネーションです。

オーチャードロードのイルミネーション「Christmas On A Great Street」は東南アジア最大級ともいわれ、シンガポールの街が一層華やかに輝きます。

また、年越しの際にもマリーナ・ベイではカウントダウンと盛大な打ち上げ花火が上がりますから、テンションが上がること請け合いです。

 

 

 

 

おわりに

今回は、年末年始(クリスマス・お正月)を海外で過ごした人向けに、私のオススメの国・地域をまとめてみました。

 

正直どこもオススメなので、一つに絞るのはかなり難しいですが、敢えて絞ってもらうのであれば

  • 家族連れの人→ハワイ
  • 恋人や友達など複数人の旅行→ニューヨーク・シンガポール
  • ひとり旅→ウユニ
  • 定番が嫌な人・人混みが嫌いな人→フィンランド

といったところでしょうか。

もちろんここに挙げた場所以外にも、素晴らしいところはいくらでもありますので、あくまでも参考にする程度で考えていただければと思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

一人旅が不安な人へ。海外旅行の心得6カ条。

海外でインターネット(Wi-Fi)を使いたかったらまずスタバを探せ!

レイルヨーロッパは手数料が高い?ヨーロッパの鉄道予約は自己手配がオススメ!

いつ買えば安い?海外航空券を購入するタイミングを検証してみた。

世界一周で行ってよかった国・イベント・観光地ランキング!

“砂漠の芸術” サルベーションマウンテンの行き方は?