インカコーラの味が忘れられなくて、通販で買っちゃった話。

インカコーラってご存知ですか?

 

南米・ペルーを中心に販売されている黄色のコーラのことです。

アメリカではゴールデンコーラとも呼ばれています。

 

もともとはペルーの首都・リマ市の建市400周年を記念して、1935年にリンドレー社から販売されたものです。

その後、1999年にコカ・コーラがリンドレイに出資し、コカ・コーラがペルー国外でのインカコーラ製造販売権を獲得しました。

詳しくはウィキペディアとかNaverまとめに書いてありますので、気になる方はそっちを参照すると良いでしょう。

 

で、その「黄金のコーラ」なんですが、ペルーに旅行に行ったことがある人であれば、まず間違いなく飲んだことがあるはずです。

あるいは何かの間違いで飲まなかったとしても、その名前くらいは聞いたことがあるでしょう。

 

私も、世界一周の過程でペルーに行ったときに、何度かこのインカコーラを飲みましたが、別にそんなに美味くないのに中毒性があるんですよね。

 

リマに着いたらインカコーラ。

クスコのレストランでもインカコーラ。

マチュピチュ村でもインカコーラ。

出国前にもインカコーラ。

 

そんな感じで、気が付いたらインカコーラ大好き人間になっていたのです。

 

もう一度言いますが、そんなに美味しくないです。(笑)

 

ただ、ペルーで飲むと、なんか美味しいんです。

矛盾していますが、雰囲気おいしいんです。実に不思議です。

 

ペルーを離れてから、早3年が経とうとしていますが、未だにあの黄金の味が忘れられなくて、ついにAmazonでポチッてしまいました。

というわけで今回の記事では、私がペルーで実際に飲んだインカコーラと通販で買ったインカコーラの比較と、その味に対するレビューを書いていきたいと思います。

 

 

 

 

ペルーで飲むインカコーラは美味かった。

ペルーに滞在した1週間は、ドリンクは基本的にインカコーラの2択でした。

 

レストランに行けば、必ずといっていいほど、次の写真のようにインカコーラを注文。

かぁ~!!旨い!!」と。

まるでビールのノリで飲んでいた記憶があります。

 

味としては、砂糖と着色料の味です。

明らかに不健康だと、飲んだ瞬間にわかる味。

ただ、それに加えて、北海道のガラナのような独特な後味(道産子ならわかるはず)が口の中に広がり、きっとそれが意味不明な中毒性を生み出しているんだと、個人的には考えています。

 

あとは、その場の雰囲気ですね。さっきのレストランで飲んだのもそうですが、たとえばマチュピチュ

こういうところで飲むとまた一層味わい深い感じがします。(気持ちの問題です。)

 

クスコからマチュピチュへ行くときも、ペルーレイルという鉄道の特等席(最前列!)に座ることができまして

サービスで出てきたドリンクがもちろんこの方。

インカコーラ様様でございます。

 

 

こちら、オリャンタイタンボからクスコまで送ってくれたオジサン。

の後ろにあるのは、インカコーラのトラック!

 

もうとにかく、ペルーと言えば、インカコーラなのです。

言いたいことはそれだけです。

これだけ言えば、もうわかったと思います。次いきましょう。

 

 

 

 

日本で飲むインカコーラは不味かった。

と、いうわけで、世界一周を終えて早3年。

私はその当時の美しくも儚い思い出を懐かしむとともに、「あぁ、インカコーラ飲みてぇなぁ」と、何気なくインターネットでググってみると、

なんとネットショップで売っているではありませんか!

「これは買うしかない」「あの頃を思い出すんだ!」と早速購入。

 

 

で、届いた。6缶入り。

 

実際に飲んでみた。

 

一口飲んだ感想。

 

「あれ?全然美味しくないじゃん…。」

 

なんか明らかに人工的な味(たぶん着色料とか保存料)がするし、結構甘ったるいし、なんだよコレ・・・。

 

これがいわゆる思い出補正というやつなのか、とショックを隠し切れない反面、

いや、きっとこれは何かの間違いだ!」と、

必死に自分の美しき思い出を擁護しようとしている自分がいることに気づきました。

 

そして、一つ発見したのが、原産国の違い。

私が購入した缶のインカコーラはアメリカ産でしたが、

 

 

ペットボトルの方にはペルー産と書いてあったのです。

 

「これだ!この妙な違和感は、原産国の違いだったのだ!」

 

私は意気揚々とペットボトルのインカコーラをポチりました。

 

 

で、届いた。1本単体。

 

実際に飲んでみた。

 

「…! ちょっと美味しいかも。

 

なんとなーく、一瞬、ペルー滞在時のあの高揚した気持ちが蘇ったような気がしたのです。

 

 

その感覚を、より確実なものにするために、一人で「利きインカコーラ」を実施しました。

 

ペルー産とアメリカ産の、飲み比べです。

 

その結果…

 

 

 

 

 

 

 

全く同じ味でした。

どうもお騒がせしました。

 

 

やっぱり思い出補正だったようです。

 

ペルーで飲んだインカコーラが美味しかっただけであって、日本で飲むインカコーラは美味しくないです。

 

ぶっちゃけインカコーラよりコカ・コーラのほうが好きです。(爆弾発言)

 

 

 

 

結論

インカコーラはペルーで飲むべし。

以上!

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

南米にとにかく安く行く方法を考えてみる。

ウユニ塩湖に行くために最低限必要な旅費と日数→30万円・1週間!?

ボリビアのラパス -あまりに美しく、あまりに汚い街-

【予算別】卒業旅行(海外)おすすめランキング!【2017-2018年版】

マチュピチュ旅行記(行き方・注意点・美味しい食事など)