“世界一暑い場所”デスバレー国立公園で全力疾走した結果…

案の定、熱中症になりました。

 

おまけに裸足で砂漠を駆け抜けたので、足の裏も火傷してしまいました。シヌカトオモッタ…。

 

 

 

デスバレー国立公園とは?

デスバレーは、世界一暑い場所として知られるアメリカ合衆国の国立公園です。

2014年にはハリーポッターの俳優が熱中症で死亡した、なんてニュースも取り上げられ、一時期話題となりました。

ちなみに私がデスバレーで全力疾走したのも2014年の話。

で、同じように熱中症になってしまったのだから、結構笑えません。

気温も当然ながら、めちゃくちゃ高いです。

5月に行ったというのにこの気温。

IMG_9807 (1024x683)

華氏112度ですから、摂氏にすると44.4℃ですね。5月でこの気温ですから、当然真夏になれば50℃を超えてきます。

砂漠ですからカラッとしていて湿度は低いですが、やっぱり暑いんです。

44℃でも、めちゃくちゃ暑いですよ。日本では決して経験できない暑さです。

 

 

さて、このデスバレーですが、ダントツ有名なのはやはり“動く石”でしょうか。

私自身、動く石も見には行きましたが、「はぁーなるほど。」といった感じで、そこまでの感動はありませんでした。

ではデスバレーにわざわざ行く価値は無いのか?と言うと、そういうわけでもないのです。

 

 

 

 

デスバレーの魅力とは?

死ぬほど暑い砂漠地帯に、「じゃあなぜ行く価値があるんだ?」と思う方が大多数だと思いますが、デスバレーの魅力は一言で言ってしまえば、圧倒的大自然です。

まぁ要するに絶景ですね。

 

この地球とは思えない光景、デスバレーはスターウォーズの撮影場所でもありますから、納得できます!

IMG_9999 (1024x683)

 

 

 

デスバレーに向かうまでは、こういう道がずーっと続きます。ただただ、果てしない!!

IMG_9779 (1024x683)

 

 

もちろん広大に広がる砂漠も、魅力の一つです。ただしここはめちゃくちゃ暑い!!

IMG_9983 (1024x683)

上の写真のあたりで、テンションが上がりまくって、裸足で全力疾走した結果が熱中症です。

レンタカーを借りて行き、車の中にアイスクーラーと氷と大量の清涼飲料水を用意していたため死なずに済みましたが、いやはや…今考えると末恐ろしいことをしたな、という感じです。

 

 

ちなみに春・秋のデスバレーは、日中は例のごとく灼熱ですが、夜は比較的涼しく過ごしやすい日が多いです。

ですので、キャンプ好きにはたまらないと思いますよ!!

こんな感じで。

10434144_638208262937453_607115542619301505_n

ちなみにこの写真を撮ったあとは、考えられないほど美しい星空が広がりました。

砂漠地帯ですから当然雲一つ無く、周りに街明かりや街灯も無いためです。

今まで見たどの星空よりも美しく、まるで宇宙にいるかのような感覚に陥ったことをよく覚えています。

 

 

 

 

デスバレーの行き方は?

デスバレーはカリフォルニア州にある国立公園です。

一番近い都市がロサンゼルスなので、「免許を持っていて、英語をある程度話せるよ!」という方はレンタカーで行くことをおすすめします。



ただし、個人で行く場合は、充分な水&氷の確保といった熱中症対策をお忘れなく!

 

 

海外旅行経験が少ない、免許が無い、英語に自信が無い・・・等々少しでも不安な方は、ロサンゼルス発着の現地ツアーをおすすめします。

HISやJTB、あるいはVELTRAなど日本語のガイド付きで、日帰りツアーを敢行しているツアー会社もあるようなので、是非チェックしてみてください!

 

 

 

 

おわりに

いかがでしたか?デスバレーの魅力、写真を通して、少しでも伝わったでしょうか。

灼熱の砂漠地帯であること、そしてアクセスの悪さも手伝って、特に日本人には人気の無いデスバレーですが

管理人的には是非一度足を運んでみることをオススメします!

 

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

“砂漠の芸術” サルベーションマウンテンの行き方は?

ナイアガラの滝の行き方。おすすめはレンタカーor現地ツアーだよ!

アメリカにある『死の湖』ソルトン湖へ行ってみた。

アメリカの長距離バス「グレイハウンド」に気をつけて!

アメリカの音楽フェス行ったら、ワンオクの人と写真撮り放題だった件

【予算別】卒業旅行(海外)おすすめランキング!【2017-2018年版】