フィンランド旅行記 (ヘルシンキ・ロヴァニエミ・サーリセルカ)

前回の記事では、フィンランドでオーロラが見れなかったぜチクショー!的なことを書き綴りましたが、

今回は普通にフィンランド旅行を総括して「旅行記」という形で記録していこうと思います。

 

正直、「フィンランドの旅行記」でググればいくらでも似たような情報は出てくると思います。

なので、どこでオリジナリティを出すかと考えた時に、やはり自分で撮ってきた写真をできる限りたくさん載せることが一番伝わりやすいのかな、と。

というわけでございまして、一眼レフ・GoProで撮った写真をふんだんに盛り込んだ旅行記にしたいと思います。(なるべく文章は少な目にしたい!)

どうぞよろしくお願いいたします!

 

 

 

 

 

行きはJAL、帰りはフィンエアー

前々回の記事でも書いたように、出発日は12月24日、帰国日は12月30日。航空券を購入したのは出発日の3か月前です。

行きは日本航空、帰りはフィンランド航空、、、のはずだったのですが

帰りの飛行機はなんとパイロットの体調不良により、欠航に。

なんとか代替の便を探してもらい、結局バンター空港周辺で延泊し、ロンドン経由のブリティッシュ・エアウェイズで帰国することになりました。

欠航から帰国までの詳しいお話は、また別の機会に書いていこうかなと思います。

 

 

とりあえず行きはJALの飛行機だったのですが、出発当日がクリスマスイブということもあり、搭乗口ではJALの社員さんたちがハンドベルの演奏会をやってくれました。

IMG_6213

どうやらこの日は成田発ヘルシンキ行きの搭乗口限定での演奏会だったようで、素敵なクリスマスソングと音色に癒され、何より特別な気持ちになることができました。JALに感謝!

 

搭乗の直前にはムーミンの飾り物も。

IMG_6215

 

 

機内食はなかなか美味でした。くまもんとのコラボ(?)的な料理も出てきて、大満足。

IMG_6230 IMG_6223

 

 

 

 

 

ヘルシンキでクリスマスを過ごすが・・・。

そうしてヘルシンキ・ヴァンター空港に到着したのが、12月24日の16時頃。この時期は日が非常に短いため、外はもう真っ暗です。

空港から2015年にできたばかりという鉄道を利用して、ヘルシンキ市内へ。

IMG_6251 IMG_6255

 

一つしかない券売機に長蛇の列。

そうして手に入った切符がこちら。

IMG_6253

 

ただのレシートやないかい!とツッコミたかったのですが、我慢です。

 

実はフィンランドの駅には基本的に日本のように改札が無いため、切符が無くてもフツーに乗れちゃいます。

 

切符が無い状態で電車に乗っても、車掌さんにお金を払えば問題無しなので、券売機に長蛇の列が出来ているときは、車掌さんから直接購入したほうが便利だと思います。

 

 

そうしてヘルシンキに到着します。

しかし、クリスマスということもあり、街はガラーンとしていました。

GOPR8260

ほんとに、全っっ然、人がいないんです。

いたとしても私のような観光客だけ。

 

一見、お店のショーウィンドウが光っているのでお店もやってるのかな?と思いきや、全部閉店!

これでまだ17時です。夕方ですよ。

 

いやはや噂には聞いていましたが、本当にヨーロッパのクリスマスってこうなのか・・・と。

特に北欧は顕著なのかな?

まぁしかし覚悟はしていたので問題は無かったです。

どこのレストランも閉まっていたので、ホテルに併設されているレストラン・バー的なところでディナーをいただきました。

 

 

 

 

ヘルシンキの美しい街並み

翌日は丸々一日、ヘルシンキで過ごしました。

お店がほとんどクローズしているとわかっていたので、朝食のビュッフェを大量に食べて、街へ繰り出しました。

人が少なくて、逆に良かったのかもしれません。

IMG_6305 IMG_6320 IMG_6322 IMG_6364

本当に美しい街並みでした。まるで絵葉書みたい。

 

ちなみに、カフェやお土産屋さんなど、本当にごくわずかですが開いているお店もあります。

また、駅のすぐ横では、アイススケートリンクが開放されていて、そこでスケートを楽しむこともできます。

 

 

 

 

 

サンタクロース・エクスプレスでロヴァニエミへ

本当に驚いたことが一つありまして、レストランやショップが閉まっているのはまだわかりますが

クリスマスイブとクリスマスは、飛行機も動いていないことが多いです。

 

本当はヘルシンキからイヴァロまで飛行機を利用して行くつもりだったのですが、クリスマスには運休しているとのことでしたので

25日の夜から翌朝にかけて、サンタクロースエクスプレスという夜行列車を利用しました。

IMG_6406

いやはや中国人だらけ・・・。この国もそうなのか。

初めての夜行列車でしたが、思ったよりも快適で熟睡できました(中国人がうるさいので耳栓必須!)

ちなみにサンタクロース・エクスプレスの予約はこちらのサイトでやりました。

一番良いのは現地の公式サイトで購入することなのですが、ちゃんと購入できるか自信が無かったので、MAXVISTAさんにお世話になりました。

レイルヨーロッパと同じように、手数料はそんなにかかりません。

 

夕方6時頃にヘルシンキの駅を出発し、翌朝7時半頃にロヴァニエミの駅に到着。

ロヴァニエミの駅から、バスに乗り換えて、そのままサンタクロース村へと出発します。

だいたいみんなサンタクロース村が目当てなので、ついていけばなんとなくわかるはずです。

 

こちらがサンタクロース村のサンタオフィス。

IMG_6433

実はこちらの建物にサンタさんがいるんですが・・・

 

なんと同じ敷地内の、この建物にも、サンタさんがいます!!(笑)

IMG_6505

マリメッコやアラビア、イッタラをはじめ、豊富なお土産屋さん、レストランがそろい踏み。

サンタクロース村で一日時間をつぶすことは十分可能ですよっ!

 

 

 

 

 

サンタクロース村から、サーリセルカへ

IMG_6553

本当はロヴァニエミで一泊して堪能したかったのですが、残念ながらそこまでの時間が無く、少しでもオーロラを見れる可能性を増やしたかったので、サンタクロース村からバスでサーリセルカへと向かいました。

バス停はサンタクロース村の目の前にあるので、すぐにわかるはずです。

 

サーリセルカでは、サーリセルカ・イン(Saariselka Inn)という、バー併設の宿に宿泊。

すごく有名なのがホリデイ・クラブというホテルなんですが、その目の前にあります。(サーリセルカ・インの方が安くてオススメ)

 

サーリセルカはすごく田舎ですが、レストラン・バーガーショップ・カフェ・バー・お土産屋さんなど非常に充実していて、アクティビティなども豊富です。

 

現地ツアーとしては、スノーモービルやスキーのクロスカントリー、犬ぞり、トナカイぞりなど数多くのアクティビティがあります。

 

で、「現地ツアーを日本であらかじめ予約した方がいいの?」という質問がありそうなもんですが

結論から言うと、絶対に参加したい!というアクティビティがあるのなら、予約しちゃってもいいと思います。

ただ、予約しなくても、空きさえあれば、金銭的には同じなので問題は無いでしょう。

 

というのも、たとえHISで予約しても、VELTRAで予約しても、ツアー自体を敢行するのは「ラップランド・サファリ」というツアー会社です。

サーリセルカに行けば大体どこのホテルに泊まっても、徒歩圏内にラップランド・サファリの事務所があるので、すぐにツアーの申し込みができる、というわけです。(よほど混んでいない限り、当日参加も可能)

 

ちなみに私が泊まったサーリセルカ・インではアクティビティ10%引きの割引券をもらうことができましたっ!

 

で、私が参加したのが犬ぞりと、トナカイぞり

GOPR8337 IMG_6643

めちゃくちゃ寒かったですが、かなり貴重な経験でした。動物にはやはり癒されます。

 

深夜には、ご存じオーロラ鑑賞でございます。

サーリセルカは田舎町なので、歩いて少し町から離れるだけでオーロラを見ることが可能です。

しかし、前回の記事でも書いたとおり、天候に恵まれず、見ることはできませんでした。

いつか必ずオーロラリベンジしたいと思います。

 

 

 

 

 

飛行機でイヴァロからヘルシンキへ

サーリセルカで2日過ごしたのち、近郊のイバロ空港からヘルシンキに戻ります。

IMG_6809

猛吹雪だったのですごく不安でしたが、なんとかたどりつくことが出来ました。

 

 

さて再びヘルシンキ。

クリスマスど真ん中に行ったときとは打って変わって、人がものすごく多かったです。(多く感じただけかも)

IMG_6821 IMG_6824

いやー、やっぱりオシャレ!

 

さすが本場といいますか、マリメッコの店舗数がものすごく多くて感動しました。

 

ムーミンショップももちろんたくさんありますし、本屋さんに行っても、当たり前のようにムーミンコーナーがあります。

IMG_6825 IMG_6826

 

とにかくすべてがオシャレでカワイイ。

なんとしてもまた、ヘルシンキに行きたいな~。

 

 

 

 

 

おわりに

 

非常に乱雑な文章で恐縮ですが、最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

 

ちなみにヨーロッパはこれで10か国目になりますが、フィンランドは個人的に今のところ充実感No.1の国ですね。

 

今回は1週間しか滞在できなかったのですが、いつか必ずまた、もっと時間をかけてフィンランド旅行しよう!と誓いました。

 

次は夏に行って、ムーミンワールドに足を運んでみたいな~なんて思っています。

 

それでは。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

フィンランド・サーリセルカでオーロラを観測できなかった理由

ポルトガルの首都「リスボン」を観光したくなる写真・30選!

トルコの一人旅は男女問わずあまりオススメしない理由。

【予算別】卒業旅行(海外)おすすめランキング!【2017-2018年版】

ミュンヘンのビアホール「ホフブロイハウス」に男一人で行ってみた。

サンタクロース村に行ったら本物のサンタさんが2人もいた話。